楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

フンメルス、バイエルンに来るか

移籍の話題

バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、チェルシー
と錚々たるクラブが欲しがるフンメルス
そこにバイエルンが割ってはいる
そして一気に本命

ボルシア・ドルトムントはDFマッツ・フンメルスが退団を決断した場合に備え、その後釜としてレヴァークーゼンDFエメル・トプラクの獲得を検討しているという。ドイツ『キッカー』が伝えている。ドルトムントとの契約が2017年で満了となるフンメルスは、最近去就が騒がれている。ドルトムントのキャプテンは20日のDFBポカール準決勝ヘルタ・ベルリン戦後のインタビューでも、移籍示唆ととれるコメントを残していた。これにより、移籍報道は加熱しつつある。そんな中、『キッカー』はフンメルスが去った場合、ドルトムントがすでに「真剣なオプション」としてリストアップしているCBがいると伝えた。2011年からレヴァークーゼンでプレーするトルコ代表DFのトプラクがフンメルスの代役になるかもしれないようだ。(Goal)

現行契約が2017年までとなっているフンメルスは、今年夏にドルトムントを離れることが噂されている。これまで、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシーといったイングランドのクラブへ行く可能性が報じられてきたものの、最近ではバルセロナからの関心が伝えられた。だが、ドイツ国内という選択肢もあるようだ。フンメルスの代理人を務める父親のヘアマン氏が、ドイツ『シュポルト・ビルト』でこのように語った。「マッツは、自身のキャリア、人生における非常に重大な決断を下さなければいけない状況にいる。ドルトムントは、ヨーロッパのトップクラブに返り咲いた。だからこそ彼は、決断を下すにあたり、本当に悩んでいる」「彼がドルトムントを去るとしたら、移籍先は最高級の5、6クラブに限られる。もちろん、バイエルンもそれらのクラブの一つだ」フンメルスはバイエルンの下部組織出身。2008年1月にレンタルでドルトムントに加入すると、すぐにレギュラーに定着し、2009年に完全移籍を果たした。バイエルンはその後、成長したフンメルスの呼び戻しに動いたが、本人との交渉がまとまらず、失敗に終わっている。ヘアマン氏はバイエルンのアカデミーでユースのコーディネーターを務めていたが、2012年に下部組織の改編を理由に解任された。フンメルス親子とバイエルンの関係は、良好ではないと見られている。マッツはドルトムントの主将で、チームをけん引する立場だ。ゲッツェやレヴァンドフスキと同じ道を進む姿は想像しにくい。それでも、フンメルスは今回の決断で大いに悩んでいることをほのめかしていただけに、可能性がないとは言い切れない。(Goal)

フンメルスとドルトムントの契約はあと1年残されているが、バイエルンやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドにリバプールと数多くのビッグクラブがドイツ代表DFに熱視線を送っている。『BBC』によると、フンメルスは「ここ数週間、寝る前に少なくとも30分間は考え込んでしまうんだ。自分にとって大きな決断になるからね」と心境を明かしている。父であり、代理人も務めるヘルマン・フンメルス氏は、下部組織で育ち、プロデビューを飾ったバイエルンに復帰する可能性があることを示唆している。「マッツは彼のキャリアや人生において、これ以上ないほどの大きな決断に直面しているよ。もし、ドルトムントを離れるならば、選択肢は5つか6つになるだろう。その中にはバイエルンも含まれている」(ゲキサカ)

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、自身の去就について言及。父であり代理人も務めるヘルマン・フンメルス氏も移籍の可能性を示唆した。ドイツ誌『kicker』日本語版が22日に伝えた。現在ドルトムントで、フンメルス、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、そしてドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの去就について不明瞭となっている。同代表MFイルカイ・ギュンドアンについては、マンチェスター・Cへと向かっているとみられ、あとはクラブ間での移籍問題となっているようだ。ただ傾向としては、シュメルツァーは残留の可能性が高いのに対して、特にフンメルスは、移籍の可能性の方が高いと言えるだろう。そんな中、代理人のヘルマン・フンメルス氏は、「マッツはキャリアで思い描く野心を実現したいと考えている」とコメント。「そこで浮上してくるのはバイエルン、バルセロナ、レアルとアトレティコの両マドリード、そしてプレミアリーグでチェルシーとマンチェスター・Uといったクラブであり、ドルトムントも含まれているよ」と語った。「ドルトムントに対して大きな敬意を持っている。ドルトムントはマッツにとって大きな存在だ」また、フンメルス自身は、20日に行われたDFBポカール準決勝のヘルタ・ベルリン戦後、「デッドラインは決めている。でも口にするつもりはない。それを守れない怖さもあるんでね。とても難しい決断なんだ。数週間、毎日寝る前の30分は考えているよ。決断を迫られることになるからね。ただそれはどうしようもないことだし、最終的に自分が何を求めているのかを考えなくてはならない」と語った。(SOCCER KING)

ドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスは、今夏の移籍がうわさされている。古巣のバイエルン・ミュンヘンも、その有力な移籍先の候補の一つとなっているようだ。独地元誌「シュポルト・ビルト」が、選手の父であるヘルマン・フンメルス氏のコメントを報じている。ドルトムントで主将を務める27歳のセンターバックは、クラブと2017年までの契約を結んでいる。だが、ビッグクラブからの関心が絶えずうわさされ、今夏の移籍が近づいていると、このところメディアを賑わせている。恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールやマンチェスター ・ユナイテッド、チェルシーなどのイングランド勢、さらにスペインの名門バルセロナも触手を伸ばしているとリポートされている。多く憶測が飛び交う中、ヘルマン氏は息子の移籍について語った。古巣への復帰という驚きのプランも浮上している。「マッツは彼のキャリア、そして彼の人生の中でも、もっとも重要な決断をする時期に直面している。ドルトムントは今や欧州のトップクラブに返り咲いた。決断は非常に難しい物になるだろう。もしもドルトムントを離れるとすれば、彼は5つか6つあるトップクラブの中の一つに行くことになるだろうね。もちろんその中にはバイエルンも含まれるよ」
またもバイエルンが引き抜きか!?今ではドル トムントの象徴的存在のフンメルスだが、キャリアをスタートさせたのはバイエルンだった。下部組織で育ち、2007年にトップチームデビューを果たしている。競争の激しいバイエルンを離れて08年にドルトムントに加入し、現在まで8年以上プレーしてきた。27歳と選手として、これから全盛期を迎えるであろうこの時期に、満を持して古巣復帰という可能性が浮上している。(Soccer Magazine ZONE web)

« »

Top