楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

中国、リベリーも獲得しようとしていた

移籍の話題

金をかけまくりすごい選手を獲りまくっている中国
リベリーにもオファーをしていたらしい
まあずっとバイエルンにいたいと言っていたし
引退語もバイエルンという気持ちらしいので
この話しが出てても心配は無かったが

長期離脱から復帰したバイエルン・ミュンヘンのMFフランク・リベリーが独『ビルト』のインタビューで過去のオファーの存在について明かした。現在32歳のリベリーはバイエルンで定位置を失っているが、負傷前は絶対的な主力としてブンデスリーガのDFたちを困らせてきた。何度か移籍の噂が浮上したこともあったが、まったく心を動かされなかったという。インタビューの中で「もしもっとお金が欲しいのなら、中国へ行かなければならないね。オファーがあったんだ」と述べ、昨今の移籍市場で”爆買い”が話題になった中国リーグからの誘いがあったことを認めている。しかしお金が移籍の判断基準になることはないようだ。リベリーは「僕の心のクラブであるバイエルンでタイトルを勝ち取りたい」と述べ、現所属クラブへの忠誠を誓っている。そして過去にあった移籍オファーについてもう一つ付け加えた。元フランス代表ウィンガーは「カルロ・アンチェロッティがチェルシーを指揮していた時、彼は僕を欲しがっていた」と2009年から2011年の間にプレミアリーグ移籍の可能性があったことを明かしている。アンチェロッティ監督はジョゼップ・グアルディオラ監督の後を引き継ぎ、来季からバイエルンを率いる。経験豊富なイタリア人指揮官にとって、念願だったリベリーの指導がもうすぐ実現するということだ。自身を高く評価してくれる指導者に対しリベリーは「過去にオファーをくれたことがアンチェロッティを信頼する理由になっている。彼の下でプレーしたい」と来季以降もバイエルンに残留する意思を明確にしている。現行の契約は2017年夏までとなっているが、「あと1、2年はプレーしたい」とさらなる契約延長にも意欲を示した。まずは負傷からの完全復活が待たれる。(フットボールチャンネル)

バイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリが、中国のクラブからオファーがあったことを明かした。だが、バイエルンへの愛情は深く、家族を最優先に考え、移籍に興味はない様子だ。ドイツ『ビルト』のインタビューで語った。来月に34歳の誕生日を迎えるリベリは、今年でバイエルン所属10年目。ちょうど1年前に行われたチャンピオンズリーグのシャフタール・ドネツク戦で負傷し、昨年12月までの長期離脱を強いられた。復帰直後に異なる負傷で再び離脱したものの、今年2月から出場時間を得ているところだ。リベリは今ごろ、アジアにいた可能性もあったという。冬の“爆買い”が大きな注目を集めた中国は、リベリにも関心を持っていた。「もっと稼ぐことを望んでいたら、中国に向かうべきだった。実際にオファーが届いていたんだ。だけど、僕はそんなことには興味がない。ここでファンと楽しんで、バイエルンとともにタイトルを獲得したいんだ。バイエルンが僕のクラブだからね」バイエルンとの契約が2017年までとなっているリベリは、契約延長を希望している。家族のことも考え、現在の環境を変えるべきではないという気持ちだ。「ウリ・ヘーネス(元会長)やカール=ハインツ・ルンメニゲ(CEO)と、新しい契約について少し話をしたよ。あと1~2年は残りたいと思っているんだ。ミュンヘンで幸せだし、子供たちや妻にとっても快適だからね」「ミュンヘンの街とバイエルンを愛している。ドイツに帰化? パスポートに関しては、自分よりも子供たちにとっての方が大事だろう。2人の息子と次女はここで生まれているからね。子供たちはドイツ人のメンタリティーを持っているよ。僕はそれを喜んでいるんだ」過去にリベリは、「キャリアを終えた後もミュンヘンに残ることを想像できる」と語り、帰化を示唆していた。(Goal)

今年は中国の“爆買い”が欧州のサッカー界を揺るがしている。長年ヨーロッパの第一線で活躍してきたラベッシなどの実力者が引き抜かれることもあれば、人気銘柄であったアレックス・テイシェイラなども中国が競り落としている。その波は着々とドイツまでやってきていたようだ。独『Bild』のインタビューに応えたリベリは「中国からのオファーはあった。でも僕にとってお金は大切なことではない。興味がなかったんだ。今ここでファンとともにタイトル争いを楽しんでいる。バイエルンは僕のクラブだ」とすでに10年近く過ごすクラブへの忠誠を誓った。また、2017年で切れる自身の契約については「すでにウリ・ヘーネスやカール・ハインツ・ルンメニゲと新契約については話し始めている。あと2年はここに残りたいね」とキャリア晩年もドイツで過ごすことを希望している。バイエルンに来るまで6チームと、意外にも多くのクラブを渡り歩いているリベリ、ようやく安住の地を見つけたと考えているに違いない。(theWORLD)

« »

Top