楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

マンジュキッチ獲得か

移籍の話題

グアルディオラがいなくなるのでマンジュキッチが復帰か
実力がだめで出されたわけではないマンジュキッチ
レヴァンドフスキが出ていった場合の後釜候補

ユヴェントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチに、古巣バイエルン復帰の可能性が浮上した。イタリアメディア『calciomercato.com』が27日に報じている。同メディアによると、来シーズンからバイエルンの指揮を執るカルロ・アンチェロッティ氏が、マンジュキッチの獲得を熱望している模様。クラブ側もレアル・マドリードなどが関心を寄せるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの後釜として、同選手の動向を注視しているようだ。マンジュキッチは2012年6月から2シーズンにわたってバイエルンに在籍しており、公式戦88試合に出場し48ゴールを挙げた。23日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで同クラブとの古巣対決に臨んだマンジュキッチは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの得点をアシストするなど躍動。試合後にはかつてのチームメートであった元フランス代表MFフランク・リベリーらとプレーを称えあうシーンも見られた。一方、同日付のイギリス紙『デイリーミラー』は、トッテナムもマンジュキッチ獲得をもくろんでいることを報じた。現在プレミアリーグで2位と好調をキープする同クラブが、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した場合に、マンジュキッチとの移籍交渉へ臨むという。ユヴェントス側も2000万ポンド(31億6000万円)以上の提示で、話し合いに応じる構えを示している。(SOCCER KING)

« »

Top