楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ケディラを狙う

移籍の話題

そのため20億円程度用意しているらしい
アンチェロッティ体制の補強として
アンチェロッティもケディラもいい感じだし
ドイツ人だし実現したらいい補強

来シーズンからチームを率いるカルロ・アンチェロッティ新監督の最初の補強となるのだろうか。バイエルン・ミュンヘンがユヴェントスMFサミ・ケディラの獲得に動く可能性が報じられている。シーズン後半戦のスタートしたブンデスリーガで首位を快走する一方で、チーム内の雰囲気が悪化しているという報道もあるバイエルンだが、水面下では来シーズンに向けた準備にも余念がないのかもしれない。ドイツでの報道としてイタリアやスペインのメディアが伝えたところによれば、ケディラをドイツに連れ戻すこともその準備の一環だという。ケディラがバイエルンへ移籍したとすれば、昨季まで在籍したレアル・マドリーで指導を受けたアンチェロッティ氏と再会することになる。ケディラは昨季マドリーでアンチェロッティ氏の構想から外れて出場機会を失い、ユヴェントスへの移籍を決断することになった。それでも指揮官への高い評価に変わりはないようで、ドイツ『ベルト』による先日のインタビューでは「戦術的にも人間的にも素晴らしい。バイエルンは素晴らしい監督を手に入れた」と絶賛していた。(Goal)

ケディラは昨年レアル・マドリードからユヴェントスへとフリーで移籍し、現在はイタリアでプレイしている。アンチェロッティ氏は同選手を高く評価しており、レアル・マドリードでの続投が決まっていればケディラの移籍はなかった可能性すらあったようだ。ケディラはアンチェロッティ政権下でチームにとって10度目のUCL優勝にも大きく貢献している。そのためアンチェロッティ氏はバイエルンに連れていきたいと考えており、伊『Tuttosport』によれば、バイエルンはケディラに対して移籍金1500万ユーロ(約19億6000万円)を払う準備ができている模様だ。また、ケディラも過去に独『Welt』のインタビューで、「アンチェロッティは完璧なプロだよ。戦術にも恐ろしく精通しているしね。彼の素晴らしい性格にも魅了されている。周りの人々とも上手く付き合っていたのは印象深いよ。バイエルンは良い監督を見つけたね」と賛辞を送っている。(thWORLD)

« »

Top