楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ミュラー、金で動かず2021年まで契約延長

移籍の話題

どのクラブも欲しがるミュラー
しかしバイエルン以上はありえず2021年まで契約延長
「頭がおかしい」くらいの金額のオファーも蹴り
「自分の家」と契約延長

先月2021年までの契約延長にサインしたMFトーマス・ミュラーは、改めてバイエルンへの忠誠を誓った。独『ビルト』がコメントを伝えている。「契約延長は、バイエルンが去ることのできない場所であることを示すものだ。たとえイングランドから巨額のオファーを提示されたとしてもさ。僕たちはバイエルンが巨額オファーに屈しないということを示したね」昨夏、ミュラーにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心がしきりに報じられていた。その中には、1億ユーロの移籍金額が提示されたとする報道もあったが、ミュラーはバイエルン残留以外の選択肢がなかったと主張する。「サインしたことは、僕とクラブがお互いに良い関係を築いていること、そして共通の目標を目指しているという声明だよ」「イングランドのクラブが巨額を提示したとき、中には問題を抱えるクラブもある。だけど、バイエルン・ミュンヘンというクラブは僕にとって単なる勤め先ではないんだ。街、環境などすべての面で、他の多くのクラブに提供できないものを持っている」最後にミュラーは、2021年の契約満了後に再びイングランドからオファーが届いたらどうするか聞かれると、笑みを浮かべた。「契約が終わったあとのことなど分からないよ。この質問を終わらせるために、2021年になったらまた声明を発表すると思うよ」(theWORLD)

放映権収入を武器に大金をオファーしても、すべての人がなびくわけではない。バイエルン・ミュンヘンFWトーマス・ミュラーはそう主張している。ミュラーは昨年末、クラブとの契約を2021年まで延長した。マンチェスター・ユナイテッドらプレミアリーグの強豪が巨額オファーでミュラーの獲得を目指すとも噂されていたが、本人は次のように述べている。『ESPN』が伝えた。「(契約延長は)テレビのお金でイングランド(のビッグクラブ)が大金をオファーしても、バイエルンを離れないというメッセージだ。僕とクラブが、僕らは一緒にとてもうまくやっており、一緒に目標を追いかけていることを示したんだよ」ミュラーはバイエルンが「ただの雇い主以上」の存在であり、ミュンヘンでの生活が「誰もが提供できるものではない」ほど素晴らしいものとも述べている。(Goal)

バイエルンでプレーするドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、自身の去就について言及した。12日付のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じている。今シーズンのブンデスリーガでここまで17試合に出場し14ゴールを記録しているミュラーには、チェルシーなど多くのクラブが関心を寄せている。マンチェスター・Uが1億2000万ユーロ(約163億円)という高額な移籍金を用意していることも報じられており、動向に注目が集まっていた。そんな中、昨年末にバイエルンとの契約を2021年まで延長した同選手は、「イングランドからたくさんのオファーがあった」と複数クラブの接触を認めた。その上で、「先日のクラブからの発表は、僕らが一緒にいることを示しているんだ。イングランドからの高額なオファーがあっても、僕はバイエルンを離れない」とプレミアリーグ移籍を否定。クラブへの残留を明言した。さらにミュラーは、バイエルンが「単なる雇い主以上」の存在であることを明かし、「バイエルンの環境や歴史、文化は全てのクラブが持っているわけではない。それらは刺激的なものだ」とクラブ愛を語った
シーズン前半を終えてリーグ戦で首位に立ち、チャンピオンズリーグとDFBポカールでも勝ち進んでいるバイエルン。ミュラーは「パフォーマンスやゴール数には満足していない。残りのシーズン、チームに貢献してタイトル獲得に挑戦したいね」と語り、後半戦の更なる飛躍を誓った。(SOCCER KING)

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーがプレミアリーグの放映権料収入で増幅する巨額オファーに対する嫌悪感を表明している。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。ミュラーはマンチェスター・ユナイテッドから100億円以上の移籍金を積まれながらも固辞。昨年末にスペイン代表MFハビ・マルティネス、ドイツ代表MFジェローム・ボアテングと共に契約延長を発表していた。「テレビの放映権料収入で巨額のオファーがイングランドから届いたとしても、FCバイエルンからは移籍しないというシグナルを設定したんだ。団結しているという僕とクラブからの宣言でもある。お互いに最高の気持ちだし、同じゴールを追求したい」契約延長の意味を、ミュラーはこう語っている。プレミア勢は潤沢な移籍金を背景にブンデスリーガのタレントを狙っているが、エースはドイツ最強の名門でプレーする誇りを強調。バイエルンの同僚にも、プレミアの巨額資金に拒否することを求めていた。(Soccer Magazine ZONE web)

« »

Top