楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

U-21フランス代表のコマン獲得

移籍の話題

コスタ、ヴィダルだけじゃなかった
コマンをまずレンタルで獲得

買取の場合30億円前後
リベリーの代役候補とされる
記事によってFW、MFとあるがまあ攻撃型な前側の選手

バイエルン(ドイツ)は現地時間30日(以下現地時間)、ユヴェントス(イタリア)からU-21フランス代表FWキングスレイ・コーマン(19)を2年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。ユーヴェの発表によれば、レンタル料は総額700万ユーロ(約9億5000万円)の2回払いとのこと。バイエルンは2017年4月30日までであれば、任意のタイミングで完全移籍での獲得が可能で、その際の移籍金は2100万ユーロ(約28億6000万円)に設定されている。バイエルンは現在MFフランク・リベリーが足首の負傷から回復途中にあり、コーマンはリベリーの代役候補の1人として、ウイングのオプションになると目されている。(STATS-AP)(ISM)

バイエルン・ミュンヘンは30日、ユベントスに所属するU-21フランス代表のMFキングスレー・コマン(19)を買取オプション付きレンタルで獲得したことを発表した。移籍期間は2017年6月30日までの2年間。レンタル料は700万ユーロ(約9億5000万円)で、買取の金額は2100万ユーロ(約28億6000万円)となった。背番号は29番を着用する。パリ・サンジェルマンの下部組織で育ったコマンは、2014年夏にフリーでユベントスに加入すると、18歳の若さでセリエA開幕戦に出場し同クラブの外国人最年少デビューを飾った。今季は開幕節のウディネーゼ戦で先発メンバーに名を連ねたが、さらなる飛躍を求めてジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバイエルンへの移籍を決断した。コマンはクラプを通じて「ミュンヘンでの生活やバイエルンでプレーすることが待ちきれない。自分のキャリアをステップアップさせたかったし、バイエルンで成功に満ちた2年間を過ごせることを願っているよ」とコメント。一方、バイエルンのマティアス・ザマーSD(スポーツディレクター)は「キングスレー・コマンは欧州サッカーにおいて最も大きな才能を有する選手のひとりだ。彼と契約を結べたことにとても満足している。キングスレーは機敏で優れた技術をもつ攻撃的選手だ。クラブに多くをもたらしてくれることを願っている」と同選手の加入を喜んでいる。(フットボールチャンネル)

バイエルンは30日、ユベントスのU-21フランス代表FWキングスレー・コマンをレンタル移籍で獲得したと発表した。なお背番号は29、契約は2年間で買い取りのオプション付きと併せて発表されている。96年6月13日生まれの19歳は下部組織から育ったパリSGから14年7月にユベントスに移籍。初年度となった昨季は14試合出場したもののノーゴールに終わり、今季は開幕戦のウディネーゼ戦でスタメンを飾ったが第2節ローマ戦ではベンチ外となっていた。コマンはクラブを通じて、「とても楽しみにしているよし、夢が一つ叶ったよ。バイエルンのようなビッグクラブでのプレーを夢見ていたからね。この地で新たなステップを踏み出し、バイエルンが2年間いい成績を収められるように頑張るよ」とコメントしている。(ゲキサカ)

イタリアメディアは、バイエルンとユヴェントスがコマンの移籍で合意に達したと報じている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『トゥットスポルト』など複数メディアによると、両クラブは買い取りオプションつきの2年レンタルで合意に達したようだ。報道によれば、コマンのレンタル料は1年目が500万ユーロ、2年目が200万ユーロ。買い取り金額は2100万ユーロに設定されたという。総額で2800万ユーロの取引だ。ユヴェントスは30日のセリエA第2節でローマと対戦するが、コマンは招集されていない。アッレグリ監督は会見で、同選手について次のように述べている。クラブの公式ウェブサイトが伝えた。「(マウリシオ・)イスラもコマンも招集外だ。退団するところだからね。ほかに行くというのがコマンの望みだった。我々には、彼を引き止められることはできなかったんだ。この序盤戦で私は彼を起用してきたが、彼は移籍することを選んだ」(Goal)

28日夜にビジネスが決まった。トリノから最終的な放出容認の知らせが届いたのだ。キングスレー・コマンはこの日から、バイエルン・ミュンヘンの選手になったと考えることができる。コマンはこの週末、ミュンヘンでメディカルチェックを受ける予定だ。コマンに対するバイエルンの関心は、今回のマーケット終盤戦ではなく、それ以前に生まれたものだった。バイエルンはユヴェントスと交渉していたが、28日になって状況が打開されたようだ。バイエルンのオファーは、2500万ユーロ(約34億円)の買い取りオプションつきレンタル移籍となっている。ユヴェントスは、パリ・サンジェルマンからフリーでコマンを獲得していた。(Gazzetta.it.)

今年6月に19歳になったばかりの新鋭は昨季、パリ・サンジェルマンとの5年契約が満了となり、移籍金ゼロでユベントスに加入した。セリエA王者の背番号「11」を託されるほどの逸材で、6月6日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝バルセロナ戦(1-3負け)でも途中出場している。23日の0-1で敗れた開幕ウディネーゼ戦では2トップの一角として先発していたが、ゴールはできず。 ユベントスではリーグ戦15試合無得点。1月15日のコッパイタリアのベローナ戦で得点を記録したのが、ユーベでの唯一のゴールとなっている。コマンには期限付き移籍となる可能性もあり、レンタル料800万ユーロで完全買い取りオプションが2000万ユーロともイタリアでは報じられている。(Soccer Magazine ZONE web)

コマンは昨シーズン、パリ・サンジェルマンからフリーでユヴェントスに加入すると18歳の若さでセリエA開幕戦に出場し同クラブの外国人最年少デビューを飾った。今シーズンも開幕節のウディネーゼ戦でスタメンに名を連ねるなどマッシミリアーノ・アッレグリ監督の信頼を得ていたが、ドイツ王者への移籍が決定的となっている。報道によると300万ユーロ(約4億円)のレンタル移籍に2500万ユーロ(約34億円)での買い取りオプションがつく模様だ。(SOCCER KING)

バイエルンのコマンへの関心は報じられていたが、イタリアメディアは28日に両クラブの交渉に動きがあったと伝えている。買い取りオプションないし義務つきのレンタル移籍で、コマンはドイツに向かうようだ。コマンの移籍について、『スカイ・スポーツ』は300万ユーロのレンタルで、2500万ユーロの買い取りオプションがつくと報じた。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』も同様に報じている。『トゥットスポルト』は、2000万ユーロ以上の買い取り義務つきレンタル移籍と伝えた。19歳のコマンは昨年夏、パリ・サンジェルマンを退団してフリーでユーヴェに加入。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は今季、イタリア・スーパーカップやセリエA開幕戦でコマンをスタメンに起用するなど、同選手を高く評価しているとみられていた。(Goal)

« »

Top