楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ビダル獲得決定

移籍の話題

獲得はほぼ決定だったビダルが正式に決定
4年契約、28歳〜32歳をバイエルンで闘うことに

バイエルンは28日、ユベントスからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(28)を獲得したと発表した。背番号は23に決定。同日、メディカルチェックを通過。契約は2019年までの4年契約を結んでいる。母国チリでプロキャリアをスタートさせたビダルは、2007年にレバークーゼンに移籍。ユベントスには2011に加入した。イタリアでもすぐにレギュラーを獲得すると、リーグ4連覇に大きく貢献した。またチリ代表としても、先日まで行われていたコパ・アメリカでチリを初優勝に導いていた。現地メディアによると、移籍金は3500万ユーロ(約47億7500万円)、年俸は1000万ユーロ(約13億6500万円)と伝えられている。イタリア王者からドイツ王者へ。公式サイトにコメントしたビダルは「とても幸せだよ。僕のキャリアにおける新しい一歩だ。ここで自分の役割をしっかり果たせることを祈っている。チームを支え、タイトルを獲得したい。僕の夢は今、現実になり始めたところだ」と喜びを語る。
目標については「選手としてまだ成長し続けたいし、チャンピオンズリーグのような大きな大会で優勝したい。僕にとってその目標を達成する可能性が最も高いのが、バイエルンに来ることだった。昨シーズンは3冠達成を成し遂げられなかったが、そんなに多くのミスをしたわけではなかった。バイエルンで今度こそ達成できることを祈っているよ。それが目標だ」と話している。(ゲキサカ)

ビダルとバイエルンの契約は2019年までの4年間。ユベントス公式サイトによれば、移籍金は3700万ユーロ+ボーナス300万ユーロの合計4000万ユーロ(約55億円)だ。背番号はユベントス時代と変わらず「23」を選んだ。また、同選手は自身の公式ツイッターで移籍について「とても特別な日だ」コメントしている。「世界中のユベントスファンに心を込めて挨拶をしたい。素晴らしい4年間をともに過ごすことができてありがとう。これからの皆さんの幸運を願い、ずっと忘れないと約束する」「いつまでも僕の魂はユベンティーノであり続ける」(フットボールチャンネル)

バイエルン・ミュンヘンは28日、ユヴェントスからチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(28)を獲得したことを発表した。背番号が「23」に決まった同選手との契約は2019年までとなっている。ここ数週間、ほぼ確実と見られていたビダルのバイエルン移籍がついに実現した。27日にミュンヘン入りしたとされる同選手は、翌日の午前中にメディカルチェックをパス。同日午後に開かれた入団会見で加入が正式に発表された格好だ。
2007年から4シーズン、レヴァークーゼンで過ごしたビダルは、ブンデスリーガに復帰することを次のように喜んでいる。バイエルンの公式ウェブサイトが同選手のコメントを伝えた。
「とても幸せだよ。自分のキャリアにおける新たな一歩だ。もちろん、ここでうまくやれることを望んでいる。チームを助け、タイトルを獲得したい。僕にとって、一つの夢が叶ったね」
「プレーヤーとして成長したいし、チャンピオンズリーグのような重要なタイトルを獲得したい。バイエルンでは、それができるチャンスが最も大きいと信じている」(Goal)

« »

Top