楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ミュラーに135億円のオファー

移籍の話題

どうしてもミュラーが欲しいマンチェスター・ユナイテッド
110億円のオファーを拒否したバイエルン

今度は135億円でオファー
本当に獲りたいならそれぐらい必要だ
しかしそれぐらい出してしまうマンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFトーマス・ミュラー獲得に8200万ユーロ(約110億円)のオファーを固辞され、サッカー界の史上最高額となる1億ユーロ(約135億円)のオファーを準備していると、ドイツテレビ局「スポーツ1」が報じている。すでにバイエルンの生え抜きの星、ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーを獲得したユナイテッドだが、その勢いは止まるところを知らないようだ。最新のリポートによると、ユナイテッドは、すでに8200万ユーロのオファーを出したが、バイエルン側が固辞したという。そこで、25歳の万能型アタッカーに史上最高額となる衝撃の1億ユーロを提示する準備を進めているという。昨夏ワールドクラスの名手を次々に獲得したユナイテッドは圧倒的な資金力を誇り、2年連続で270億円という補強費を準備しているという。バイエルン監督時代にミュラーをトップチームに抜てきしたルイス・ファン・ハール監督は、今季のタイトル奪取に向けてまな弟子獲得に執念を燃やしているのかもしれない。(Soccer Magazine ZONE web)

今年も諦めずにオファーを出しており、今月の初めに5700万ポンド(約111億円)の巨額オファーを提示。しかし、ミュラーは「僕はバイエルンで満足しているし、契約は2019年まで残っている。推測は無視するのが賢明だ」とコメントし、拒否していた。それでも諦めないユナイテッドは、今度は7000万ポンド(約134億5000万円)で再挑戦するようだ。これは2014年にFWディ・マリアを獲得したプレミアリーグ史上最高額の5970万ポンド(約115億5000万円)を大きく上回る形となる。実現すれば、2009年にレアル・マドリーがクリスティアーノ・ロナウドを8000万ポンド(約138億円)でユナイテッドから獲得したが、それに匹敵するほどの巨額オファーだ。ミュラーは2000年にバイエルンの下部組織に入団し、2008/2009シーズンからトップチームの試合に出場している。昨シーズンは32試合に出場し13ゴールを挙げる活躍を見せ、バイエルンの主力に定着している。(フットボールチャンネル)

ラームは移籍を否定できない、と言うがまず無いだろうという中の冗談っぽい

バイエルンで主将を務めるDFフィリップ・ラームは、マンチェスター・ユナイテッド移籍が浮上しているMFトーマス・ミュラーについて退団の可能性を口にしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。ドイツメディアは、ユナイテッドがミュラー獲得にサッカー界史上最高額となる移籍金1億ユーロ(約124億円)を準備していると報じた。「それは私の決定ではない。フットボールの世界では物事はすぐに変化する。僕はトーマス・ミュラーについて何かの保証を提供することなんて絶対にできない」(Soccer Magazine ZONE web)

バイエルンは現在プレシーズンツアーで中国を訪れているが、21日の会見ではラームもミュラーの移籍報道について質問を受けた。自身と同じバイエルン生え抜きの同僚について、次のように話している。「サッカーでは何が起きる可能性もある。僕が決めることはできないよ。物事はすぐに決まってしまうものだ。選手だけではなく、選手を獲得するクラブがあって、選手を放出するクラブもあるからね。だから、何がどうなるのかなんて保証はできない」「トーマス・ミュラーがどうするのか、ということも保証できないよ。移籍を想像できるかって? いつでも、どんなことでも想像できるよ」
一般論について述べつつ、ミュラーの残留については心配していない様子もうかがわせている。「心配? 僕らはここ数年間、いつもチャンピオンズリーグの準決勝まで勝ち上がっているチームだ。トーマス・ミュラーに関してまったく心配はしていない。彼が浮かれてしまうことはないよ」「それよりも重大な問題がある。(ミュラーが退団したとしたら)一体誰が一日中ゴチャゴチャと喋るんだい?」(Goal)

バイエルンは今夏、ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーをマンチェスター・Uに放出。その他、ミュラーについても、マンチェスター・Uへの移籍が噂されていた。それに対し、バイエルンでキャプテンを務めているラームは、「僕が決めることではない。フットボールの世界では物事が急に決まるんだ。トーマス・ミュラー(の残留)について、全く何も保証できないよ」と、ミュラー移籍の可能性を完全に否定出来ないとコメント。さらに、ラームは自身の去就にも言及しており、「それ(移籍)は僕に起こることではないね」と、バイエルン残留を断言すると、「僕は、ホームで全てのキャリアを過ごすことができて満足しているよ。こんなに長く同じクラブで過ごせたことはとても素晴らしいことだよ」と語っている。(SOCCER KING)

« »

Top