楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ディ・マリア=ミュラー+ロッベン+金

移籍の話題

マンチェスター・ユナイテッドのディ・マリアを獲得するために
ミュラー+ロッベン+金を出すという記事

ディ・マリアは素晴らしい選手だとしても100億円を払うなんてばかげている
とマンチェスター・ユナイテッドを見ていたが
もしミュラー+ロッベン+金だったらもっとありえない

バイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア獲得のために、移籍金に加えてオランダ代表FWアリエン・ロッベンとドイツ代表FWトーマス・ミュラーをトレード要員として提供する可能性が浮上した。ドイツ地元紙「ビルト」が報じている。ドイツの名門のアルゼンチン代表のスター獲得にかける執念は壮絶だった。ロッベンはルイス・ファン・ハール監督の昨夏にオランダ代表で愛弟子だった。大会中にはユナイテッド移籍を打診したほど。そして、ミュラーはファン・ハール監督がバイエルンを率いた際に主力として起用した子飼いの愛弟子。オランダ人指揮官の熱望する子飼い2人を差し出してまでも、ディ・マリアを獲得しようとしている。ディ・マリア獲得を昨夏に5970万ポンド(約112億円)の移籍金で加入したユナイテッドでは、加入直後こそ随所に輝きを放ったものの、中盤以降は負傷の影響もあり失速。最終的には27試合出場3得点とその移籍金に見合う活躍は披露できなかった。しかし、ドイツ王者バイエルンはディ・マリアに対する評価を下げていないようだ。エース級2人に金銭も加えた、ビッグオファーを準備して、獲得を画策している。(Soccer Magazine ZONE web)

マンチェスター・ユナイテッドMFアンヘル・ディ・マリアの獲得を狙うバイエルン・ミュンヘンは、同選手獲得へFWアリエン・ロッベンもしくはトーマス・ミュラーを譲渡するオファーを計画しているようだ。『デイリー・メール』によると、今夏での移籍が噂されるディ・マリアをバイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督が高く評価しており、獲得のために今季負傷がちだった31歳のロッベンか、監督との衝突が噂されたミュラーを手放す準備があるようだ。一方のマンUもルイ・ファン・ハール監督がかつての教え子のミュラーに関心を示しており、今夏に獲得を狙う選手の1人とされている。マンUはシュバインシュタイガーやゲッツェにも関心を示してきたが、ここにきてバイエルンとの交渉は複雑な様相を呈してきたようだ。(theWORLD)

バイエルン・ミュンヘンは、マンチェスター・ユナイテッドFWアンヘル・ディ・マリア獲得を熱望しているようだ。この移籍の実現のためには、主力2人を手放す用意があるという。ディ・マリアは昨夏に英国史上最高額の移籍金で加入したが、プレミアリーグで強い印象を残すことはできなかった。だが、バイエルンのペップ・グアルディオラ監督は、このアルゼンチン人ウィンガーを高く評価しているという。ドイツ『ビルト』は、バイエルンの驚きのディ・マリア獲得作戦を報じている。この移籍の実現のために、MFトーマス・ミュラーとFWアリエン・ロッベンを差し出し、移籍金もつけるというのだ。マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督はバイエルンMFバスティアン・シュバインシュタイガー獲得にも興味を持っていると言われている。カタルーニャの哲人の中では、独特の方程式でディ・マリアの価値を弾き出しているのか…。プレミアリーグとブンデスリーガの名門の間で、複雑な綱引きが行われているようだ。(Goal)

« »

Top