楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

バイエルンがベイル獲得に興味

移籍の話題

レアル・マドリーへ莫大な金額で移籍したベイル
レアルからマンチェスター・ユナイテッドにこれもまた
莫大な金額で移籍するんじゃないかと言われているベイルに
バイエルンも獲得競争に参加、馬鹿な金額を出すはずがないので
本格的に動くとは思えないが

イギリスメディアの間で盛んに報じられるベイルのマドリー退団。これまでマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、マンチェスター・シティなどがウェールズ代表MF獲得を目指していることが報じられてきたが、バイエルンも獲得競争に名乗りを挙げる可能性があるという。『デイリー・メール』曰く、ブンデスリーガの明主はMFアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリの後釜として、同選手の獲得を検討しているとのことだ。『デイリー・メール』によるこの報道は、スペイン『アス』の電子版も紹介。しかしながら『アス』は、「フロレンティーノ・ペレス(マドリー会長)が、売却交渉に臨むことはないだろう。彼はベイルが収めている成果に満足している」との見解を記している。なお『アス』は『マルカ』とともにマドリーをメインに扱うスペインのスポーツ新聞だが、この2紙から同クラブがベイル売却を考慮していると報じられたことは、これまで一度もない状況だ。(Goal)

« »

Top