楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

アイルランド代表DFに興味

移籍の話題

次の補強はアイルランド代表のDFコールマン
マンチェスター・ユナイテッドのオファーも蹴った選手

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンが今夏の移籍市場でエバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンを優先的に補強する方針だと、英紙『デイリー・ミラー』が伝えている。記事によると、現在リーグ2連覇中のバイエルンは、各ポジションの中で最も補強が必要な部分を解析し、高齢化するフィリップ・ラーム(31歳)とラフィーニャ(29歳)が本職とする右SBに注目。その結果、シーズン後の移籍市場では欧州内でもトップクオリティーをもつコールマン獲得を狙っているという。コールマンは現在26歳。2009年1月にアイルランドのスライゴ・ローヴァーズから当時デイビッド・モイーズ監督が率いていたエバートンへ加入。2010-11シーズンから主力として頭角を現すと、昨季はロベルト・マルティネス監督のもと41試合7得点を記録。2013-14年はマンチェスター・シティのパブロ・サバレタやチェルシーのブラニスラフ・イバノビッチの両名を抑え、PFA年間ベストイレブンに選出された。(フットボールチャンネル)

« »

Top