楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ミュラーを欲しがるマンチェスター・ユナイテッド

移籍の話題

昔からマンチェスター・ユナイテッドはバイエルンの選手を欲しがる
まあバイエルンの選手が欲しいのはわかるが

ユナイテッドはその想いが尋常ではない
シュバインシュタイガー、クロース
そしてファンハールになりロッベン、そして今回のミュラー
バイエルンで重要な選手でドイツ代表でも重要な選手が
マンチェスター・ユナイテッドに行くはずが無い

バイエルンのFWトーマス・ミュラーは、ここ数か月間マンチェスター・ユナイテッドへの移籍の噂が流れている。ルイス・ファン・ハール監督は、バイエルン時代に指導していたミュラーの獲得を強く望んでいるという。英『デイリースター』は、ミュラー自身も移籍に前向きであり、環境を変えたいという意思を代理人に伝えたと報じている。当所、移籍報道が出た数か月前、ミュラーは「ドイツから離れることはない」と主張していたため、バイエルンにとってはショッキングなニュースだ。ミュラーは「ファン・ハール監督と僕の間には、普通の監督と選手の関係を、少し超えた信頼関係がある。そのことは別に秘密ではないよ」とコメントし、「だけど僕には2017年までバイエルンとの契約があるからね」と、1月中の移籍はないことをほのめかしている。(ゲキサカ)

ルイス・ファン・ハール監督は長きに渡って、バイエルン時代に自らがプロデビューさせた申し子であるミュラーの獲得を熱望しており、ここ数ヶ月間でマンUへの移籍の噂に拍車がかかっていた。一方、最新のレポートによると、ミュラーも長年在籍したバイエルンから巣立ち、新たな環境に身を置きたい意向があるとされており、代理人に移籍を志願する旨を伝えたという。数ヶ月前に、母国から離れる気のないことを明言していたドイツ人アタッカーだが、ここにきて心変わりが生じ始めている模様だ。「ルイス・ファン・ハールと僕が、監督と選手という関係を超えた素晴らしい関係を築いていることを隠すことはできないよ。まぁ、僕には2017年までバイエルンとの契約が残っているけどね」インタビューでも、ファン・ハール監督とはビジネスを超えた良好な関係を築いていることを明言しているミュラーは、自身が育った地を離れ、再び恩師と固い握手を交える瞬間が訪れることになるのかもしれない。(Soccer Magazine ZONE web)

« »

Top