楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

時間は無いがベナティア獲得に動いてみる

移籍の話題

補強は完了、あとはワールドカップ組が調子を戻し
怪我人が復帰すれば全てOK、のはずだった
しかし3バックとなり新たなバイエルンでかなり重要なハビ・マルティネスが
怪我で今年いっぱい無理となれば話しは別、補強頑張る

ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「日にちは少ないが、できることを見てみる」と、ハビ・マルティネス離脱の穴を埋める戦力の確保に動くことを示唆していた。『シュポルト・ビルト』は17日、バイエルンがベナティアの獲得に近づいていると報道。ローマに対して、移籍金3000万ユーロ(約41億1000万円)を支払うと伝えた。なお、ベナティアに関しては、チェルシーとマンチェスター・Uも獲得を狙っていると、かねてからイギリスメディアを中心に報じられている。(SOCCER KING)

移籍金3000万ユーロ(約41億1400万円)を用意してモロッコ代表獲得に動いているという。関係者がすでにローマで交渉に入っているという話もある。ベナティアは昨季、ウディネーゼ(イタリア)からASローマに移籍。リーグ戦33試合に出場し5得点を挙げたセンターバック。左ひざ前十字靱帯(じんたい)を損傷し、長期離脱したスペイン代表DFハビマルティネス(25)の負傷で急遽、守備陣の補強に動き出した。(スポーツ報知)

« »

Top