楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

開幕が我慢できなくなる電子書籍「カイザー」

雑誌やテレビ

グァルディオラがバイエルンに来て明らかに雑誌でのバイエルンの扱いが良くなった
やはり日本人が多くいてもあまり活躍できずメッシもロナウドもいない
ブンデスは扱いは小さく、バイエルンがどんなに強くても微妙な扱い
しかしグァルディオラが来て表紙になるわ最強と言われるは。
いよいよグァルディオラ2年目、ドイツ優勝、大活躍のロッベン、シャキリ
1-7の惨敗でどんな関係になるのかダンテ、そしてコンビを組む優勝者ボアテング
メッシよりすごいところを世界に見せたゲッツェ
レヴァンドフスキ加入とそわそわする中、これを読んで我慢限界

ドイツ専門デジタル・サッカーマガジン「カイザー」
bkb0000023
ドイツ降臨。日本代表はドイツで強くなる。

「理想主義者ペップがバイエルンにかけた魔法」
「名将のもとでフル稼働した“東洋のコンピューター”」
「ドイツの時代 世界最強のサッカーふたたび」
「ドイツ車企業城下町の2大クラブにみる健全経営モデル」
とどれから見ようと迷うコンテンツ満載

「賀川浩、金子勝彦、後藤健生、鈴木良平、木崎伸也、ミムラユウスケ」
と日本のマスコミ側ドイツ代表

ちなみに当「楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン」も
なぜバイエルンが楽しい楽しいなのかと語っています

電子書籍はちょっとなあという人にも
無料のダイジェスト版で結構な量を楽しめます
ドイツサッカーマガジンKAISER(カイザー)vol.1 | 電子書籍ストア BookBeyond(ブックビヨンド)

2014年ワールドカップ優勝候補のドイツ専門デジタル・サッカーマガジン『KAISER(カイザー)』がついに発刊! 世界一熱いブンデスリーガをベースとした、ドイツサッカーの魅力と強さの秘密を伝えるKAISERの創刊号特集は「ドイツ、降臨。日本代表はドイツで強くなる。」 日本代表が世界に伍して戦うために必要なものとは? 日本サッカーがブンデスリーガの成功から学ぶべきものとは? 日独交流の歴史や文化、社会変化とともに進化するサッカーカルチャーの最先端を学び、日本代表やサッカーの今と未来を考察する対談、インタビュー、読み物が満載。 ブンデスリーガで戦う4人の日本代表の現在と、日本サッカー界の2大レジェンド、奥寺康彦氏&釜本邦茂氏が実体験を通して語る日独サッカー交流史は新旧サッカーファン必読。 加えて、賀川浩、金子勝彦、後藤健生、鈴木良平、木崎伸也、ミムラユウスケら日独サッカーに精通したサッカー・ジャーナリスト陣が、最強国ドイツの強さの秘密と日本サッカーが学ぶべきポイントを誌面で提言。

« »

Top