楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

メッシのバイエルン入りはあると思う、マガト

移籍の話題

もと監督マガトがメッシがバイエルンに入ることもあると思うとコメント
まあこれだけ絶好調なら0%ってことは無いだろう
メッシがパリ・サンジェルマンに行くとか記事があるのだから
バルサとしっくり行ってないかも知れないが
でも妄想レベルならばアグエロの方がいいかも

ドイツ人指揮官フェリックス・マガト氏が同国『スポーツ・ビルト』とのインタビューに応じ、バルセロナFWリオネル・メッシのバイエルン・ミュンヘン移籍の可能性を論じている。「メッシ獲得の可能性はあると思う。バイエルンが再びCLを勝ち取るならね。そうなれば、彼のような選手も興味を抱くクラブとなるだろう」また、シャルケ監督時代に指導したGKマヌエル・ノイアーを例にして、バイエルンの魅力を説いている。「選手がバイエルン移籍を望むのは理解し得ることだ。ノイアーは子供の頃、シャルケのスタジアムでバイエルンに罵声を浴びせていたが、結局はバイエルンに移籍を果たした」(Goal)

マガト氏は、「(バイエルンと)メッシとの契約もあり得る。もし、バイエルンがもう1度チャンピオンズリーグ制覇を果たしたら、彼にとって(バイエルンは)興味深いクラブになるだろう」と、コメント。2011年6月にシャルケからバイエルンへ移籍したドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの例を挙げ、「選手たちが『バイエルンへ行きたい』と考えるのは理解できる。ノイアーは子どもの頃、シャルケのスタジアムのスタンドで(シャルケを応援して)バイエルンに対して叫んでいたのだからね」と、バイエルンが選手にとって魅力的なクラブであるという考えを明かした。そして、「バイエルンは10年前もリーグをけん引していたが、その優位性は今とは異なるものだった。以前は、実力がずば抜けた選手が12から16名ほど所属していたが、今は25名ものトッププレーヤーがいる。バイエルンが現在の強化方針を継続するのであれば、次の10年間も優位であり続けるだろう」と、語った。(SOCCER KING)

« »

Top