楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

チアゴ・アルカンタラ獲得を狙う

移籍の話題

グアルディオラがチアゴ・アルカンタラをどうしても欲しがる
グアルディオラが欲しがったのはチアゴ・アルカンタラだけと言うぐらいの選手
23億円も出せない金額では無い。
ハビ・マルティネスが下がってシュバインシュタイガーとチアゴ・アルカンタラ
のコンビをつくるという記事もある
どれだけ豪華なんだ

グアルディオラ監督はバルセロナ時代の教え子について、「欲しい選手だよ」とコメント。「バルサB時代から知っている」と語り、「我々のところでも上手くいくと思うよ。様々なポジションでプレーできる」と獲得を望んだ。チアゴはバルセロナの下部組織出身で、2011-2012シーズンにトップチーム昇格。2012-2013シーズンは、リーグ戦27試合に出場して2ゴールを記録。2015年までクラブとの契約を残すが、マンチェスター・Uからの興味が報じられている。(SOCCER KING)

グアルディオラ監督はキャンプ地で、チアゴへの関心について、「私は彼が欲しい。バイエルンは獲得のために全力を尽くすだろう」と認めた。『カデナ・コペ』などスペインのメディアは、U-21スペイン代表のチアゴが、バイエルンのオファーを受けるために、マンUのオファーを断ったと報じている。おそらくは、チアゴの代理人がグアルディオラ監督の兄、ペレ・グアルディオラ氏であることも決定的な要素と言えるだろう。チアゴはバイエルンで年俸400万ユーロ(約5億2000万円)を受け取るとされている。(Gazzetta.it)

ペップ・グアルディオラ監督が「私が求めた選手はチアゴだけ」と加入を熱望する同選手に対し、クラブは本気で獲得に動こうとしている様子だ。スペイン『RAC1』による報道として複数メディアが伝えたところによれば、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOはバルサのサンドロ・ロセイ会長に連絡を取り、1800万ユーロに設定されているチアゴの契約破棄料を支払う意志を伝えたとのことだ。(Goal)

チアゴは以前からマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が取りざたされていた。しかし、スペインメディアは、ユナイテッドやレアル・マドリーからのオファーを断り、バイエルンからのオファーを受け入れたと報じている。交渉がどこまで進んでいるかは不明だが、バイエルンがチアゴを狙っていることは間違いないようだ。キャンプ地のイタリアで行われた記者会見で、グアルディオラ監督が選手への関心を明言した。「チアゴのことは、バルセロナBのときから知っている。スーパーな選手で、複数のポジションをこなせるね。我々にとって良い選手だ。私はカール=ハインツ・ルンメニゲとマティアス・ザマーに話をした。なぜチアゴが欲しいのか、クラブは私の希望は知っている」クラブの決断次第であることを強調する元バルセロナ指揮官だが、チアゴ加入を願う気持ちは相当なものだ。「私が求めた選手は、チアゴだけだ。チアゴ以外なら、誰も必要ない。バルセロナ、ミラン、レアル・マドリーといったクラブから喜んで移籍する選手はそういない。そういったことは、新シーズンに多くの出場機会が得られないという感覚を持ったときにだけ起こる。バルセロナの場合は、ネイマールの加入で、よりそういうことが起こるかもしれないね」「しかし、それはあくまで私の意見だ。バイエルンにとって高すぎるのであれば、それを受け入れる。繰り返しになるが、加わるとしたらチアゴだけだ」(Goal)

先日からマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚とされていたチアゴ。だが、報道によると、バルサはユナイテッドやレアル・マドリーからのオファーを断り、バイエルンからのオファーを受け入れたという。チアゴは出場機会の増加を求めている。元バルセロナのグアルディオラ監督は、MFハビ・マルティネスをセンターバックとして起用することで、中盤におけるチアゴの出場機会を確保すると約束したそうだ。『カデナ・コペ』によれば、バイエルンはチアゴに年俸400万ユーロを準備しているとのこと。ユナイテッド加入が目前と言われていたチアゴの新天地はドイツになるのだろうか。(Goal)

« »

Top