楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ティモシュク退団

移籍の話題

ティモシュクのゼニトへ移籍が決定
今期はハビ・マルティネスの加入もあり
今までもクロースだったりグスタボだったり
可哀想な使われ方だったティモシュク、ゼニトでもう一花

ゼニト・サンクトペテルブルクは2日、クラブの公式ウェブサイトで、バイエルン・ミュンヘンMFアナトリー・ティモシュク(34)を獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。バイエルンは、昨年夏にスペイン代表MFハビ・マルティネスを獲得。同じポジションでプレーするティモシュクは出場機会が激減し、今年の1月にすでに退団の意思を示唆していた。ティモシュク本人も『ツイッター』で、2007年頭から2年半所属していたゼニトに復帰することを明かしている。(Goal)

ティモシチョクがゼニトに移籍すると、ドイツ誌『キッカー』が報じている。層の厚いバイエルンの中盤において、ティモシチョクはベンチに甘んじることが多かったため、移籍を決意した。4シーズンを過ごたバイエルンでは、リーグ戦86試合に出場、4得点を記録している。(SOCCER KING)

« »

Top