楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ロッベン、出て行かない

移籍の話題

新体制になるに当たって出て行く、出されるんじゃないかと言われているロッベン
マンチェスター・シティやトルコへの噂もあるが
ロッベンは移籍することを考えていない
なんとかリベリーとロッベンのコンビを日本でみたい
ユナイテッドやアーセナルが来日する
バイエルンもそろそろじゃないか

ロッベンはこの日、マンC行きの噂が流れていることについて言及し、「この憶測には取り合わないよ。僕が話をするのはサッカーのことだけだ」とコメント。「僕にはまだ2年契約が残っている。それなのになんで出て行く必要があるんだ? 僕はここ最近の試合で、自分がバイエルンに貢献できることを示してきた」と、バイエルンを出る理由はないと話し、報道を一蹴した。その上で、同選手は「ここ数カ月たくさんの憶測が流れたけど、僕はバイエルンのことだけに集中している。5月25日の試合でタイトルを獲りたいんだ。僕にとって重要なのはそのことだけだ」と続け、25日に行なわれるドルトムント(ドイツ)とのチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝のことしか考えていないと話した。(ISM)

ロッベンは今年夏のマンチェスター・シティ移籍が噂された。しかし、選手本人に移籍の意思はないようで、14日の会見で次のように話している。「僕の契約はあと2年ある。なぜ僕が移籍しなければいけないんだい?すべてはピッチでのパフォーマンスだ。これまでの試合で、僕はチームに貢献することができると証明したはずだよ。いろいろな憶測があるけど、僕が集中していることはただ一つ。それはバイエルンのことだね」(Goal)

バイエルンのオランダ代表MFアルイェン・ロッベンが、移籍の噂を否定し、クラブ残留を強調した。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。ロッベンは、マンチェスター・Cやユヴェントスへの移籍が浮上していたが、「気にしてないよ。常に噂はたくさんあるものだからね。まだ2年の契約も残っている。なぜ出ていかなければいけないんだい?最近の試合でも僕がバイエルンの一部を担えると証明された。僕にとって一番大事なことだ」とコメントし、バイエルンでプレーすることへの喜びを語った。(SOCCER KING)

« »

Top