楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

リベリー、契約延長へ

移籍の話題

リベリーの契約延長、リベリー本人は
まだまだバイエルンで、というか引退までバイエルンというのも言っているし
バイエルンが延長しないあれもないだろう
これだけ実力があり人気もある
そして見ていて凄い・楽しい・明るい
グアルディオラだって延長のつもりだろう

現在30歳のリベリは、約6年前の2007年7月にバイエルンに加入して以来リーグ戦154試合に出場し、51得点、74アシストを記録。ファンからの絶大な人気を誇る選手でもあり、今シーズンはチームにとって23度目のリーグ制覇に大きく貢献した。25日にバイエルンの選手として2度目の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2012-13)決勝を控えているリベリは、ドイツのサッカー専門誌「Kicker」の取材に対し、バイエルンでプレーを続けることができたら嬉しいと語った。「是非もっといたいよ。バイエルンにいれてとても幸せなんだ。もし契約を更新することができるなら、したいと思う」マティアス・ザマー(Matthias Sammer)氏も先週、リベリとの契約を延長したいと話しており、近日新しい契約を結ぶのではないかと見られている。(AFP=時事)

リベリーは、バイエルンと2015年夏までの契約を結んでいるが、更なる契約延長について問われると、「喜んでそうしたい。ここで幸せなんだ。もし、新契約を結べるならば、しない理由なんてないね」とコメントし、バイエルンでの更なるプレーに意欲を見せた。2007年からバイエルンでプレーするリベリーは、在籍6シーズンでリーグ戦154試合に出場し、51得点74アシストを記録している。(SOCCER KING)

リベリは現行契約が2015年までとなっている。同選手は、契約延長になれば「うれしい」と話しており、バイエルンで現役を終えることも検討しているのかもしれない。ドイツ『キッカー』によるとリベリは、「(新しい契約にサインするなら)うれしいことだ。僕はここですごく幸せだからね。新しい契約を交わすことは可能かって? もちろんだよ」とコメント。契約延長を前向きに考えているようだ。リベリは2007年にマルセイユからバイエルンへ移籍したフランス代表選手。過去にスペイン行きが大きな話題となったが、自身の決断に後悔はなさそうだ。(Goal)

« »

Top