楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ピサーロ、ベンチは嫌だがゴメスならしょうがない

選手のコメント・行動

ゴメスのバックアッパーとして復帰したピサーロ
ベンチは嫌だがゴメスならしょうがないと
早くも素晴らしいバックアッパー姿勢

バイエルン・ミュンヘンに復帰したFWクラウディオ・ピサーロは、バイエルンの勝利への野心を現在も共有しているものの、FWマリオ・ゴメスからポジションを奪うのは難しいと考えている。ピサーロは、2007年にバイエルンを離れた後、チェルシーとブレーメンでプレー。5年ぶりの復帰となるピサーロだが、クラブの哲学は失ってはいないと宣言した。ドイツ『abendzeitung-muenchen.de』でバイエルンの勝者のメンタリティーは失われていないかと問われ、「もちろん。間違いなく、絶対に」と答えている。「クラブには独特の雰囲気がある。誰もがタイトルを望んでいる。この雰囲気を好んでいるよ」ピサーロはまた、M・ゴメスについて次のように話した。「もちろん、選手はベンチに座ることを望んでいない。でもマリオは、最高のシーズンを過ごした。彼はドイツ代表でも非常に良いプレーをしていた。ここのレギュラーだよ」(Goal)

« »

Top