楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

マンジュキッチも狙う

移籍の話題

ピサーロを獲得しFWはもう大丈夫かと思っていたが
ジェコを狙っているという記事も
しかしマンジュキッチに変更する
ジェコもマンジュキッチも26歳
獲るならわざわざ40億円(ジェコ)出さなくてもいい

バイエルンでは、昨シーズン限りでFWイビツァ・オリッチが退団し、ヴォルフスブルクに移籍する。すでにブレーメンからFWクラウディオ・ピサーロを確保しているが、クラブはさらなる補強を狙っているという。バイエルンは、マンチェスター・シティFWエディン・ゼコが第一候補だと伝えられていたが、EURO2012で活躍したマンジュキッチにも興味を持ちだしたとのこと。ドイツ『キッカー』と『ビルト』は、26歳のストライカーとはすでに合意しており、クラブ間で1200万~1500万ユーロで交渉が行われていると伝えている。(Goal)

ヒッツフェルトはピサーロがいるから他にFWはいらないと

バイエルン・ミュンヘンは、マンチェスター・シティFWエディン・ゼコの獲得に関心を抱いていると言われている。しかしかつてバイエルンの指揮官を務めていたスイス代表のオットマー・ヒッツフェルト監督は、すでに十分なアタッカーがいるため、バイエルンに必要な選手ではないと話した。ドイツ『TZ』にヒッツフェルト監督は、「ゼコ? ピサーロが復帰するし、バイエルンにはすでに十分なストライカーがいると思う。トップストライカーを獲得する必要はないだろう」と語った。「監督が2トップを採用しない限りね。ただバイエルンは4-2-3-1がベースで、マリオ・ゴメスがいる。ピサーロが彼のバックアップを務める。もう一人ストライカーがきても、出場機会を得られないだろう」(Goal)

« »

Top