楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ピサーロが帰ってくる

移籍の話題

チェルシー、ブレーメンと武者修行した
ピサーロが帰ってくる
ゴメスのバックアッパーとしては最適
やるときにやってくれる男の獲得は頼もしい

バイエルンが、今シーズン限りでブレーメンを退団したペルー代表FWクラウディオ・ピサーロの加入を発表した。ピサーロは、2001年から2007年までバイエルンに所属。バイエルン所属時には、ブンデスリーガ174試合に出場し71ゴールを挙げる活躍を見せていた。クリスティアン・ベリンガーSD(スポーツディレクター)はクラブの公式HPで、「クラウディオ・ピサーロが契約書にサインしてくれたことを喜んでいる。国際経験も豊富だし、素晴らしい得点力を持ったフォワードだからね」と加入を喜んだ。(SOCCER KING)

バイエルンのクリスティアン・ネルリンガーSD(スポーツディレクター)は、「我々は、クラウディオ・ピサーロと契約することができ、とてもうれしく思う。彼は国際経験豊富な素晴らしいアタッカーだ」と、クラブの公式サイトで新戦力の到着を喜んだ。ピサーロは、バイエルン所属時代にブンデスリーガ174試合に出場して、71ゴールを決めていた。(Goal)

バイエルンのクリスティアン・ベリンガーSD(スポーツディレクター)は、ブレーメンからの退団を決めたFWクラウディオ・ピサーロの獲得に自信を見せている。今シーズン、ピサーロはブレーメンでリーグ戦29試合に出場し、18ゴールを奪う活躍を披露。ベリンガー氏は『ARD media』で、ピサーロとの話し合いが行われていることを認め、順調に交渉が進んでいると明かした。「我々はクラウディオ・ピサーロと交渉を行っている。契約オファーを提示したよ。私の知る限り、物事は上手く進んでいるようだ。彼がサインしてくれることを望んでいる」(SOCCER KING)

『ビルト』によれば、ピサーロはメディカルチェックも受けたようで、ペルーから戻る6月には1年契約にサインするのではないかとのこと。同選手は2001年から07年までバイエルンでプレーした経験を持ち、ドイツでは337試合に出場して160ゴールを挙げている。バイエルンはFWイビチャ・オリッチがヴォルフスブルクへ移籍することになっており、2012-13シーズンはピサーロがFWマリオ・ゴメスの控えになると見られている。(Goal)

« »

Top