楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

シュバインシュタイガー、ロッベン、リベリー、ティモシュクの移籍の話題

移籍の話題

まずシュバインシュタイガーはミランへ

今月中に中盤の選手を獲得する予定であることを公言しているミラン。周囲はその候補の一人がシュバインシュタイガーだとみている。フランス『レキップ』は、同選手が「ミランは偉大なクラブだ。とにかく、これから様子を見ていこう」と語ったと伝えており、ビッグクラブからの関心を喜んでいるようだ。ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は以前、シュバインシュタイガーの獲得が難しいという見解を示していた。しかし、新戦力の到着は8月末になるとも話していたため、すでにシーズンが始まっているリーグの選手と考えることもできるだろう。(Goal)

まあ何があってもないだろう、ミランに行く意味も無い
ミラン以上の都落ち

左ウィングの獲得に動いているユヴェントスは、獲得の可能性のあるターゲットとしてバイエルン・ミュンヘンMFフランク・リベリに目を付けたという。アントニオ・コンテ監督は、金曜日に左ウィングの確保に至っていないことで、チームはまだ完全ではないとコメントしていた。ただコンテ監督がどれだけ黄金時代の再現を目指しているとしても、リベリの獲得は困難を極めることだろう。バイエルンは、チームのベストプレーヤーを手放すつもりはないと再三繰り返している。(Goal)

ロッベンは将来ロシア

バイエルン・ミュンヘンMFアリエン・ロッベンが、いつかロシアに移籍する日がくるかもしれないと示唆している。ただ同選手は、今はドイツでのプレーに満足していると主張した。「もちろん、アンジのことは聞いたよ。彼らには十分な資金がある」とロッベンは、ロシア『エクスプレス』に語った。「ただ将来のことは話したくない。僕は27歳で、バイエルンで幸せなんだ。ただ、人生ではどんなことでも起こり得る。もしかしたらいつか、ロシアでプレーするかもしれないね」(Goal)

ティモシュクが唯一現実的
でも手放せない一人

大型補強で注目を集めているロシアのアンジ・マハチカラが、バイエルン・ミュンヘンに所属するウクライナ代表MFアナトリー・ティモシュクの獲得に迫っているようだ。『Sovietski Sport』は、アンジが選手本人と合意したと伝えている。ティモシュクはコンスタントな出場機会を求めており、アンジのオファーに応じることにしたようだ。アンジはチームの経験が不足していると感じており、32歳のティモシュクに注目したという。しかし、まだ取引は完了していない。バイエルンとの交渉はまだ合意に達しておらず、これから話し合うことになりそうだ。ティモシュクの契約は残り1年を切っているため、それほど高額にはならないと思われる。(Goal)

みんなバイエルの選手を欲しがるなあ

« »

Top