楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

ボアテングはちょっと難しいか

移籍の話題

26億円の要求のボアテング
これだけあれば他でいいだろう、と
でアレックスに候補を変えそう

バイエルンは以前からJ・ボアテングの獲得を目指していたが、シティは2000万ポンド以上の移籍金を要求していたため、取引はまとまらなかった。そこでバイエルンは獲得を断念しかけていたものと思われる。そこで、J・ボアテングを獲得できなかったときのためのターゲットであるチェルシーDFアレックスに動き出したようだ。こちらはJ・ボアテングほど高額にはならない見込み。チェルシーでレギュラーポジションを失っていたため、新天地を目指す可能性はありそうだ。(Goal)

ルンメニゲは茶番だ、と
もうこの移籍はなさそうだ

ルンメニゲは「これまで一度も体験したことのないおかしな茶番」とジェローム・ボアテング獲得に向けたイングランドプレミアリーグクラブのマンチェスター・シティーとの交渉についてコメント。「法外な価段」を提示したイングランドチームがFCバイエルンとの交渉を打ち切った、このため「新しいことは何もない。引き続き待つことになる。」しかしながらFCバイエルンは「マンチェスター・シティーと解決法が得られなければ、次なるオプションも考えなければならない」とルンメニゲは強調した。(公式サイト)

« »

Top