楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

がんがん移籍関連

移籍の話題

入ってくる方は
ファン・デル・ヴィール
レヴァークーゼンのビダル
ラツィオのスイス代表の右サイドバック・リヒトシュタイナー
ハノーファーのコートジボワール代表FW
アシュリー・ヤング
ボアテング
アデバヨール
コエントラン

出る方は
クローゼ
クラフト

ファン・デル・ヴィールは12億円

ドイツ『TZ』は、ファン・デル・ヴィールが新シーズン、アリアンツ・アレーナにやって来ると伝えた。移籍金は、1000万ユーロ程度と見積もられている。同選手については先日、バイエルンMFアリエン・ロッベンが、「グレゴリーは若くて良い選手だ。バイエルンにフィットするだろうね」とオランダ代表のチームメート加入を求めていた。(Goal)

これによりラームが左になるという
ラツィオのスイス代表の右サイドバック
ライバルはユヴェントスとトッテナム

チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指しているラツィオは、欧州最高峰の舞台へのチケットを手に入れた場合、以前から懸案となっているCFの強化に動くと言われる。数多くの候補の名前が挙げられている中、アマウリもターゲットの一人と見られている。そこで、ユーヴェがアマウリをリヒトシュタイナー獲得の切り札にするのではないかというわけだ。だが、リヒトシュタイナーにはドイツとイングランドの古豪も小さくない関心を示しているという。特にバイエルンは、同選手を高く評価しているようだ。両チームはオファーの提示を検討しているというが…?(Goal)

レヴァークーゼンのビダル

バイエルン・ミュンヘンが関心を寄せていると報じられているレヴァークーゼンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルだが、ビダル自身もバイエルンへの移籍に興味があるようだ。ドイツ『ビルト』にその思いを語っている。ビダルは「ユップ・ハインケス監督が来季バイエルンで指揮を執ることが決まっているが、それは素晴らしいことだ。実際のところ、僕もバイエルンでプレーしたいと思っている」と語っている。レヴァークーゼンの恩師を慕い、ハインケス監督の新天地となるバイエルンへの移籍希望を口にした。(Goal)

レヴァークーゼン側は移籍はさせないとちょっと怒っているアストン・ヴィラMFアシュリー・ヤングにも

A・ヤングには、マドリーのほかにバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドも興味を持っているという。本人の移籍願望と買値が下がったことで、獲得レースが激しさを増す可能性は否定できないが…。果たして、マドリーの本気度はどれほどのものだろうか。(Goal)

マンチェスター・シティの2人も注目

夏の移籍市場でディフェンスラインの強化を望むバイエルンでは、クリスティアン・ネルリンガーSD(スポーツディレクター)がJ・ボアテングを高く評価しているという。ただネルリンガーSDは、すでにJ・ボアテングと個人の条件面で合意しているという報道は否定している。「我々がすでに合意したというのは正しくない。我々は注目し続けている。だが、彼が今ケガをしているから、難しいね」なおバイエルンが注目しているシティのプレーヤーは、J・ボアテングだけではないようだ。現在、レンタルでレアル・マドリーに加入しているFWエマヌエル・アデバヨールにも関心を抱いているという。バイエルンは、今シーズン限りでの退団が濃厚なFWミロスラフ・クローゼの後釜として、アデバヨールを検討しているとのこと。(Goal)

アデバヨールはいらないだろ、いろいろ文句が多いと思うし
ハノーファーのコートジボワール代表FW

ドイツ『TZ』の情報によれば、バイエルンは移籍の噂が絶えないミロスラフ・クローゼの後釜として、ヤ・コナンの名前を候補に挙げているという。ヤ・コナンは、今季リーグ戦において25試合に出場し13得点をマーク。ハノーファーの攻撃の中心として活躍している。バイエルンは彼の得点能力の高さを評価し、獲得を目論んでいるようだ。(Goal)

コエントランには30億円しかしレアルが36億円提示か

さらにマドリーには、競争相手も存在する。これまでGoal.comが報じてきたように、バイエルン・ミュンヘンもコエントランを来夏の補強第1ターゲットと考えている。バイエルンは2500万ユーロを準備していると言われているが…。(Goal)

クローゼ、これはゼの希望だがファン・ニステルローイもいなくなり欲しがっていると思う

「ミロスラフは素晴らしいストライカーだ。だから、彼は今もドイツ代表でプレーしている」とゼ・ロベルトは、ドイツ『スポーツ・ビルト』に語ったという。「彼はハンブルグにフィットするだろう。2009年にバイエルンからハンブルグに来たときも言ったけど、今もそう思っている。それでも、クラブに彼の要求に応じる資金力があるかどうかは分からない」(Goal)

ノイアーの控えにはブットが

イェルク・ブットはトップレベルのGKだ。私は彼がもう1年、バイエルンでプレーすることになったことを喜んでいる。新監督のユップ・ハインケスが望んだことだ(Goal)

そしてクラフトは放出へ

ネルリンガー「我々は彼にレギュラーを約束することはできない。彼のこれからの幸運を祈っている」(Goal)

« »

Top