楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

都合のいいルシオ

移籍の話題

ルシオが自分だけで決めれるのならバイエルン
しかしすぐにインテルと言ったり
記事になるまでどこかでニュアンス間違いがあるのかもしれないが
でもルシオが復帰したらいいのだが

インテルDFルシオがドイツ『ビルト』のインタビューで、古巣バイエルン・ミュンヘンへの復帰を望んでいると語った。ルシオは2009年、バイエルンからインテルへ移籍しており、インテルとは2012年までの契約を結んでいる。「サッカーではあらゆることが可能だ。問題は、僕だけで決められることじゃないということ。インテルやバイエルン次第でもあるんだ。ただ、自分だけで決められるなら、バイエルンに『イエス』と言うだろうね」(Goal)

インテルDFルシオが古巣バイエルン・ミュンヘンへの復帰を否定した。ドイツ『ビルト』の中で、バイエルン復帰について言及した同選手だが、インテルの公式サイト上では次のように述べている。「バイエルンに戻りたいと言ったことはない。サッカーではあらゆることが可能で、もしもインテルが将来的に僕に対する関心をなくし、逆にバイエルンが関心を抱いてくれるのなら、そのときはドイツに戻ることを考えられると言っただけだ」「僕はこのチーム(インテル)の一員だ。僕も家族もここミラノで過ごしやすく暮らしている。離れる理由がないんだ。僕だけで決められるのなら、僕はここに残りたい。僕のハートはインテルとともにある。でも、僕だけで決まることじゃないのも当然だ」(Goal)

« »

Top