楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

レアルのイスコに興味

移籍の話題

レアル・マドリーのイスコ26歳に興味
マンチェスター・シティも昔から狙っており
インテル、ユヴェントスも興味を持たれるイスコ
バイエルンも手を挙げる

インテルがイスコを獲得リストに追加、バイエルンとユーヴェも狙う
SPORT.es/スポルト

MFイスコが抱える、レアル・マドリーの指揮官サンティアゴ・ソラーリとの問題は、サンティアゴ・ベルナベウでプレーを続けるかという噂をさらに広めている。最後にマラガ出身の選手を獲得リストに追加したのはインテルだ。イタリア紙『Tuttosport』によると、インテルは1月1日から開かれる冬の移籍市場で、イスコを獲得するために交渉を始める準備ができているようだ。
他にもバイエルン・ミュンヘンとユヴェントスもイスコを獲得リストに入れているチームである。彼らは数週間以内に動きのある可能性のあるイスコの動向に注目している。ソラーリがレアル・マドリーのトップチームの指揮官に就任してから、イスコの出場機会が減っていることは知られている。
マドリー指揮官とイスコの不仲は明らかである。イスコをベンチに置くことや、招集外にすることも踏まえて、ソラーリへの信頼は失いつつある状況だ。イスコは、ほとんど彼のことを戦力と考えていないソラーリと争いを始めている。日に日にサポートする選手は少なくなり、マルセロとカルバハルだけが彼を励ましている状態だ。イスコもクラブのサポートを求めておらず、それによって彼の将来は定かではない。

« »

Top