楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

リベリー、ロッベンの後釜候補、U-20ブラジル代表FWに興味

移籍の話題

リベリー、ロッベンの後釜候補
今までもシャキリ、コスタなど多くの選手が候補に挙がった
今だってコマンを育てている最中
偉大な2人の後釜は本当に難しいが
今度はボルドー在籍のU-20ブラジル代表のマルコムが候補か

バイエルン、ボルドーFWマルコムに関心…リベリー、ロッベンの代役に
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンが、ボルドーに所属するブラジル U-20ブラジル代表FWマルコムの獲得レースに参戦するようだ。26日、イギリス紙『ザ・サン』が報じた。
2016年にコリンチャンスからボルドーへ移籍したマルコムは、今シーズン、リーグ・アンで25試合出場8ゴール6アシストを記録し、チームの攻撃を支えている。現在20歳の同選手の活躍を見て、今冬の移籍市場でも複数ビッグクラブが関心を示していたと報じられていた。
若き逸材である同選手に、ドイツの絶対王者であるバイエルンが興味を持ち始めたようだ。現在、同クラブでは元フランス代表FWフランク・リベリーと元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが両翼を務めているが、2人とも現在34歳とベテランの域に達している。両選手とも退団が噂されており、そこで代役としてバイエルンはマルコムに白羽の矢が立ったようだ。
マルコム自身も「6月になったら移籍交渉をするよ」とコメントするなど、移籍に前向きだという。マルコムにはプレミアリーグの強豪である、アーセナルやトッテナムも熱視線を注いでいると報じられているが、活躍の場を移すのだろうか。去就に注目が集まっている。

「マルコムはリベリよりロッベンタイプ」発掘者のバイエルンOBが21歳の注目株に言及
(Goal)

ボルドーでプレーするブラジル人FWマルコムは、バイエルン・ミュンヘンに移籍することで基本合意に至ったと報じられている。クラブ間交渉はまだ開始されていないと見られるなか、以前ボルドーを率いた元フランス代表DFのウィリー・サニョル氏が同選手について言及した。
バイエルンのOBであり、現在もドイツ王者のテクニカルスタッフとして働くサニョル氏は、2014年夏~2016年3月の間ボルドーで指揮を執っていた。その体制の下でクラブがコリンチャンスから獲得したマルコムだが、フランスでは公式戦86試合に出場し、19ゴール15アシストを記録している。今では数多くのビッグクラブが熱視線を送る注目株に育っている。
ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で、そんなマルコムを「私が発見した」というサニョル氏はこのように話している。
「2016年1月に彼をブラジルからボルドーに連れてきたんだ。フランスでは当時、18歳の選手のために500万ユーロを支払ったことで色々言われたね。だが今そのことを考えると、バーゲン価格と言えるだろう。成長もまだ続くだろうしね」
「どちらかと言えば彼は(フランク・)リベリより(アリエン・)ロッベンのようなタイプだね。ロッベンほどのスピードはないかもしれないが、抜群なテクニックを持っている」
なお、ボルドーは同選手に対し少なくとも移籍金6000万ユーロを要求すると見られる。サニョル氏はバイエルン行きの可能性について言及は避けるも「ボルドーはお金が必要なので、マルコムを売りたがっている」とコメント。移籍先はどこであろうと、来シーズンは他クラブに向かうことを確信しているようだ。

« »

Top