楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

レヴァンドフスキ獲得にレアルは真剣、チェルシーも出てきた

移籍の話題

レヴァンドフスキが代理人を変えたことで
レアル・マドリーへの移籍のためじゃないか?と言われたが
この新代理人ピニ・ザハヴィはアブラモビッチとも仲がいいらしく
チェルシーという線も出てきた
どちらにしてもかなり大きな移籍になるがどうするバイエルン

日本のW杯対戦国FW、“レアル移籍”の布石? レバンドフスキの代理人が意味深発言
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

今年6月のロシア・ワールドカップ(W杯)でバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表はグループリーグ最終戦でポーランドと対戦する。相手の絶対的エースと言えばFWロベルト・レバンドフスキだ。今シーズンもドイツの名門バイエルンで圧倒的な決定力を発揮しているが、今後の動向について代理人が興味深い発言をした。スペイン紙「マルカ」がドイツメディア「fussballtransfer」を引用する形で伝えている。
レバンドフスキは今季、ドイツ1部ブンデスリーガで23試合に出場して20ゴールを決めており、第24節終了時点で得点ランキング1位。3年連続30ゴールも視界に捉えるなど今季も好調をキープしている。
今冬にドイツのドルトムントからイングランドのアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが2位の13ゴールで、レバンドフスキが頭一つ抜けている。ドルトムント時代の2014-14シーズン、バイエルン2年目の2015-16シーズン以来、自身三度目のブンデスリーガ得点王に向けて邁進している状況だ。
その圧倒的なゴールハンティングぶりは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)ら2大スターにも肉薄しつつあるが、彼の新たな代理人となったピニ・ザハヴィ氏は今後の去就についてこんなコメントを残したという。
「全てのヨーロッパのビッグクラブが、ロベルトを欲しいと願っているだろう。レアル・マドリード? それは私にとっての仕事であり、それをまさに今始めようとしているところだ」
レバンドフスキの“レアル移籍説”は、現在レアルで9番を背負う元フランス代表FWカリム・ベンゼマが不調に陥っていることもあってか急な盛り上がりを見せている。「マルカ」紙はレバンドフスキの動向を注視しており、代理人が口にした「私の仕事」という言葉をレアル移籍の布石と捉えているようだ。

レアル、バイエルンのエース獲りに本気? 新代理人に200億円提示か
フットボールチャンネル

レアル・マドリーは、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの獲得に向け、200億円弱という高額の移籍金を支払う意志を見せているという。ポーランド『プジェグロンド・スポルトヴィー』が伝えた。
バイエルンのエースとしてゴールを量産するレバンドフスキは、これまで長年代理人を務めていたチェザリー・クハルスキ氏と袂を分かったと先日報じられた。新たに代理人を務めるのは、FWネイマールのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍にも携わったピニ・ザハヴィ氏だという。
この動きは、今季終了後の移籍を視野に入れたものではないかとみられている。PSGやバルセロナが移籍先の候補ではないかとの見方もあったが、ポーランドでの報道によれば、マドリーはすでにザハヴィ氏と接触しているとのことだ。
マドリーはレバンドフスキを獲得するため、移籍金1億5000万ユーロ(約197億円)を支払う意志があることをザハヴィ氏に伝えたとされている。現在29歳のレバンドフスキ自身も、「ラストチャンス」としてマドリー移籍を熱望しているとみられている。
だがバイエルンは、2021年までの契約を残すレバンドフスキを手放すつもりはないという姿勢を固持しているようだ。パフォーマンスに批判の強まっているカリム・ベンゼマに代わり、レバンドフスキがマドリーの新たな「9番」となる可能性はあるのだろうか。

レバンドフスキ移籍報道が再び過熱、監督は放出否定
(日刊スポーツ)

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが代理人を替えたことで移籍についてのうわさが過熱している。独紙ビルトがポーランドの友人関係から得た情報ではレアル・マドリードからの問い合わせに取り組んでいるという。
新しく代理人になったピニャス・ツァハビ氏によってレアルとの交渉は進むかもしれない。同氏とともに仕事をしていたレアルの元会長ラモン・カルデロンは「Rマドリードはツァハビとエクセレントな関係を築いている。彼のことはよく知っているよ。非常にプロフェッショナルで仕事を素晴らしくこなしていく。市場をベストに知っていて、選手との交渉を非常にうまくやってくれる」と話していた。
レバンドフスキとバイエルンの契約は2021年まで。監督のユップ・ハインケスは「Bミュンヘンは売り手ではない。チャンスがあるとは思わない」とコメント。
Rマドリードが狙っているのはレバンドフスキだけではない。トットナムのハリー・ケーンもそうだ。カルデロンは「レバンドフスキはレアルの補強リストに常に名前がある選手だ。狙いはむしろケーンにあると私は思う。年齢的にもそうだ。だがそちらがうまくいかない場合にはレバンドフスキ獲得に動くのではないかとみている」と話していた。
ツァハビは「私は今バイエルンでいいプレーをし、欧州CLでタイトルを勝ち取れる助けとなることを祈っている」と話していた。

チェルシーがレバンドフスキ獲得へリード 英電子版
(日刊スポーツ)

チェルシーはバイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レバンドフスキ獲得に向けたレースでマンチェスター・ユナイテッドを1歩リードしていると、26日の英紙サン電子版が報じた。レバンドフスキはイングランドでのプレーを考えているという。
Bミュンヘンでの4シーズンでリーグ戦97ゴール、前所属先のドルトムントでも同じような期間にリーグ戦74ゴールを挙げた。現在の契約は2021年までだが、同選手がクラブを説得することで複数クラブが獲得に乗り出すだろう。またアナ夫人もロンドンを気に入っているようで、先週も買い物のために訪れていたという。

« »

Top