楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

インテルのイカルディに興味

移籍の話題

バイエルンがインテルのアルゼンチン代表イカルディ24歳に興味で
インテルは獲られた場合レヴァンドフスキを狙い
結果トレードになるんじゃないか?という
5歳若返るがそもそもインテルに行くのか?というのも

ブンデスとセリエA屈指のFWが“衝撃トレード”!? 伊紙がインテルの“新エース”候補に言及
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、チーム得点王のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの引き抜きに遭った場合、“エース強奪”で穴埋めするプランを温めているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。
インテルのキャプテンを務める24歳のイカルディは、今季リーグ戦全12試合に出場して11ゴールと得点を量産し、ナポリ、ユベントスに次いで3位につけるチームを牽引している。
そんな“絶好調男”を狙っているクラブがある。ドイツの絶対王者バイエルンだ。記事によれば、イカルディは2021年6月まで契約を残しており、破棄には1億1000万ユーロ(約145億円)の違約金を要するが、獲得候補としてリストアップしているという。
得点源を放出するとなれば、戦力ダウンやチーム再編は避けられない。もっとも、インテルも手をこまねいているつもりはないようだ。代わりに、バイエルンのエースであるポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキを獲得する算段だという。
欧州最強ストライカーとも呼ばれるレバンドフスキは、リーグ戦11得点と得点王レースで首位に立っている。ブンデスリーガとセリエAを代表する点取り屋の“衝撃トレード”は実現するのだろうか。

« »

Top