楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

バイエルン史上最高額でリヨンからトリッソ獲得

移籍の話題

バイエルン史上最高額50億円でリヨンから
フランス代表のコランタン・トリッソを獲得
そこまで払っても欲しかったのかアンチェロッティ
パリを率いているときに目を付けていたのか?
しかしリヨンもいい選手を育てていい金額で売るうまいクラブ

バイエルン、リヨン司令塔をブンデス史上最高の移籍金で獲得! 気になるその値段は…
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは14日、リヨンからフランス代表MFコランタン・トリッソの獲得を発表した。契約期間は2022年までとなっている。
フランス通信社『apf』によると、バイエルンはリヨンに移籍金4150万ユーロ(約50億円)を支払うようだ。この金額は2012年にバイエルンがハビ・マルティネス獲得の際に払った4000万ユーロ(当時:約39億円)を超えブンデスリーガ史上最高額を更新した。
トリッソは「リヨンで素晴らしい時間を過ごすことが出来たことに大変感謝している。今はヨーロッパの中でもベストなクラブの一員としてプレー出来ることに喜びを感じている。今日は私にとって特別な日だ」と心境を語った。
また、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「我々は彼のような若くて才能ある選手を多くのビッグクラブが興味を示すなかで獲得することが出来てとても嬉しく思う。コランタンはアンチェロッティ監督が獲得を希望していた選手だ」とコメントしている。
トリッソはリヨンの下部組織から2013年にトップチームに昇格しこれまでリーグ戦160試合に出場して29得点17アシストを記録している。

バイエルン、クラブ史上最高額でトリソ獲得…フランス期待の万能MF
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは14日、リヨンに所属するフランス代表MFコランタン・トリソを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は5年間。
バイエルンの発表によると、トリソの獲得に要した移籍金はクラブ史上最高額という。具体的な金額は明かされていないが、ドイツ誌『キッカー』によると4150万ユーロ(約51億円)と見られている。
バイエルン加入にあたり、トリソは「リヨンで素晴らしい時間を過ごしたし、そのことには大いに感謝しているよ。そして今、ヨーロッパ有数のクラブでのプレーを本当に楽しみにしているんだ。今日は本当に素晴らしい日になったよ」と、喜びを語っている。
そしてバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「若くて有能な選手を、海外クラブとの競争の末に獲得することができた。大いに喜んでいるよ。彼はカルロ・アンチェロッティ(監督)が中盤に(加えることを)望んだ選手だ」とコメントしている。
トリソは1994年生まれの22歳。リヨンの下部組織出身で、2013年にトップチームでデビューを果たした。昨シーズンはリーグ・アンで33試合出場5ゴールを記録。昨夏の移籍市場ではナポリ移籍が有力視され、今冬にはユヴェントスからの関心も報じられていた。今シーズンはリーグ・アンで18試合に出場し、4ゴールを挙げている。パスワークと得点力を備えた万能型のMFだ。

バイエルン、クラブレコードでリヨンMFを獲得…今夏4人目の補強でビッグサマーへ
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンは14日、リヨンからフランス代表MFコランタン・トリッソ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年までとなっている。
2014年夏にリヨン下部組織からトップチームに引き上げられたトーゴにルーツを持つトリッソは今シーズンに入り、大きくブレイク。公式戦47試合に出場した同選手は中盤センターが本職ながら14ゴール7アシストをマークし、3月にはフランスのA代表にも選ばれている。
そして、その活躍にバイエルンが着目したとのこと。トリッソは14日にメディカルチェックのために現地入りし、同日にクラブは移籍手続きの完了を伝えた。選手は新クラブの公式ウェブサイトでリヨンへの感謝を告げ、「ヨーロッパでベストのうちに入るクラブでプレーできることを最高に喜んでいる。バイエルンとともに大きな目標を目指すことになる。今日は僕にとって最高の日だ」と喜びを示している。
またカール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は「国外のクラブと競争しながらもこの若くてとても興味深い選手を獲得できてとても喜んでいる」とコメント。「コランタン・トリッソは我々のカルロ・アンチェロッティ監督が中盤のために望んでいた選手だ」とも明かした。
なおリヨンの発表によれば、バイエルンが支払う移籍金は4150万ユーロ+ボーナス600万ユーロ(約51億円+約7億円)。これまでバイエルンが選手の獲得に投じた最高額、2012年夏にハビ・マルティネスの獲得のために支払ったとされる4000万ユーロを超え、ブンデスリーガレコードの記録をも塗り替えた。
ドイツ誌『キッカー』によれば、過去にはナポリが獲得を狙っていたトリッソには今夏にはチェルシーが興味を示していたという。さらにユヴェントスやアーセナルも狙っていたと見られる人気株だが、最終的に新天地に選んだのはドイツ王者となった。

« »

Top