楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

五輪得点王ブレーメンのニャブリ獲得

移籍の話題

ブレーメンのFWリオ五輪得点王のニャブリ獲得
21歳を12億円で獲得

バイエルン、元アーセナルの若きドイツ代表FWを獲得
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは11日、ブレーメンからの退団が発表されていたFWセルジュ・ニャブリと3年契約を交わすことを発表した。
アーセナルの下部組織で育ったニャブリは現在21歳。昨年夏にブレーメンへ移籍し、ブンデスリーガで11得点を記録。ドイツで十分なインパクトを残し、昨年11月にはドイツA代表デビューを果たしている。しかし今月8日、ブレーメンは契約終了条項により、同選手が退団することを発表していた。
ニャブリはバイエルンの公式サイトで、「バイエルンの一員になることは大きな名誉だ。刺激的な時間がやってくることをとても楽しみにしている」とコメントした。

ブレーメン退団のニャブリはバイエルン入り…ドイツ王者と3年契約を締結
(Goal)

バイエルン・ミュンヘンは11日、U-21ドイツ代表MFセルジュ・ニャブリ(21)の獲得を発表した。数日前にブレーメンを退団することを伝えたウィンガーはドイツ王者と3年契約を結んでいる。
昨夏にアーセナルからブレーメンに向かったニャブリは今シーズン、自身のキャリアにおいて初めてブンデスリーガ1部でプレー。リーグ戦27試合で11ゴール、またドイツ五輪代表として臨んだリオデジャネイロ大会では6ゴールをマークし、フライブルクFWニルス・ペテルセンとともに同大会の得点王に輝いている。
以前からRBライプツィヒやホッフェンハイムといったクラブが移籍先候補として浮上していたニャブリ。獲得したのは、ブレーメン加入当初からニャブリが仮契約を結んでいたとも噂されていたバイエルンとなった。
カール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)は公式ウェブサイトで「セルジュ・ニャブリといった若いドイツ代表選手がもう1人バイエルンに加わって嬉しく思う。セルジュはブレーメンで良い成長ぶりを見せた」と歓迎。またニャブリは「バイエルンの一員になれたことは大きな名誉。これからとてもエキサイティングな時期を迎えることになるが、すごく楽しみにしている」と喜びを表した。
ドイツメディアの報道によれば、ニャブリとブレーメンとの契約には契約解除条項が盛り込まれており、バイエルンはそれを行使するために1000万ユーロ(約12億円)を支払ったという。同選手はブレーメンがアーセナルに支払ったとされる500万ユーロ(約6億円)の倍額で、バイエルンに加わるとのことだ。

バイエルンがウイングの超逸材、五輪得点王のニャブリを獲得!!
(SOCCER DIGEST Web)

ホッフェンハイム行きが濃厚と伝えられていたブレーメンのニャブリを、バイエルンが獲得。DFジューレ、MFルディに続いて、この夏3人目の新戦力だ。 (C) Getty Images
リベリ&ロッベンの後継者候補として期待大。
ブンデスリーガ王者のバイエルンが、ブレーメンの若きアタッカー、セルジュ・ニャブリの入団を発表した。2020年までの3年契約で、移籍金は1000万ユーロ(約12億円)だという。
ホッフェンハイムやドルトムントとの争奪戦を制して獲得したニャブリは、ドイツ代表として出場した2016年のリオ五輪で6ゴールを挙げて大会得点王に輝いた21歳の超逸材だ。
16-17シーズンは入団1年目のブレーメンで11ゴール・1アシストをマーク。力強いドリブルと豪快なフィニッシュワークを、とりわけ前半戦でいかんなく発揮し、そのポテンシャルの高さを改めて示してみせた。
フランク・リベリとアリエン・ロッベンがそれぞれ34歳と33歳になり、さらにドグラス・コスタに退団の噂が浮上しているバイエルンのウイングは、プライオリティーの高い強化ポイントだっただけに、即戦力でありながら世代交代も促すニャブリの入団は、チームに大きなプラスをもたらす補強と言える。
「バイエルンの一員になることができ、とても光栄だ。これから経験する素晴らしい時間をとても楽しみにしている」
そう意気込みを語ったニャブリ。前人未到のブンデスリーガ6連覇、さらには4年連続でスペイン勢の軍門に降っているチャンピオンズ・リーグでの覇権奪回を狙う来シーズンのバイエルンで、持ち前のドリブルと得点力を発揮し、チームの勝利に貢献できるか。21歳の新たなチャレンジに注目だ。

« »

Top