楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

中国爆買い、いよいよバイエルンにも

移籍の話題

ジャクソン・マルティネス、ラベッシ、オスカールと
トップどころをものすごい額で買っていく中国
テベスもいよいよ決まるらしいが
イブラヒモビッチ、ジエゴ・コスタなどの名前も出てくる
そしていよいよその話しはバイエルンにもやってきた

レヴァンドフスキを移籍金250億円、年俸49億円で
しかしバイエルンが許すはずも無い
ヘーネスはこの状況を病気だ。といい
まさか本人も中国に行くとは考えないだろう

レバンドフスキにも“爆買い”の波 中国からの世界最高年俸&衝撃の250億円オファーも拒否
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

チャイナマネー攻勢で欧州のトップ選手が次々に引き抜かれるなか、“爆買い”の波を跳ね返す男もいる。バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキもそうだ。
「私は中国にスター選手を連れていく代理人から連絡を受けた。クラブ名は名乗らなかった。もしも、レヴィ(レバンドフスキ)が中国移籍を決断していたら、彼の年俸は4000万ユーロ(約49億円)以上となっていた。カルロス・テベスが手にする報酬以上だ」
レバンドフスキの代理人、チェズリー・クチャルスキ氏がポーランドメディア「Sportowe Fakty」で語ったもの。元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスはボカ・ジュニアーズから上海申花に移籍し、週給8900万円を手にすると報じられている。レバンドフスキは中国移籍を決断すれば、それを凌ぐものだったという。移籍金は2億ユーロ(約250億円)という破格の条件だったが、レバンドフスキは2021年6月までバイエルンとの契約を延長した。
「ロベルトは現時点で売りに出ていない。だが、絶対に移籍はないとは言えない。人生にはいろいろな解決法があるからね」とクチェルスキ氏は語った。バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、中国の“爆買い”の波に「病気だ。病気以外の何物でもない」と語っていたが、エースストライカーに対する誘いに怒りを爆発させていたからかもしれない。

チェルシーのエースに続いてバイエルンのエースにも接触 中国の勢いが止まらない
TheWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

ここ最近はカルロス・テベス、オスカルとスター選手が中国に向かい、クリスティアーノ・ロナウドやジエゴ・コスタまでが狙われるなど、連日のように中国のクラブが欧州を騒がせている。
ポーランドの『SportoweFakty』によると、バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキも中国からオファーを受けていたという。レヴァンドフスキの代理人を務めるツェザリー・クハルスキ氏はレヴァンドフスキが中国行きを決めていればテベスをも凌ぐ高給取りになっていたと語っている。
「中国に選手を送っている代理人とコンタクトを取った。レヴァンドフスキは中国でテベス以上となる4000万ユーロを上回るサラリーを受け取ることになっただろう」
バイエルンにも2億ユーロもの移籍金が用意されていたようだが、レヴァンドフスキ側はこのオファーを断った。ロナウドやジエゴ・コスタなども中国行きを否定していたが、彼らと同じ欧州を代表する点取り屋であるレヴァンドフスキもまだ中国へは向かわないようだ。
近年は欧州の選手もアジア、アメリカなどから狙われるようになってきており、欧州のビッグクラブだけを警戒していればいい訳ではなくなってきた。

バイエルンのエース、中国からの“世界最高年俸“提示を拒否。代理人が語る
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、中国から届いた“年俸世界最高額“のオファーに断りを入れたのだという。代理人が6日付のポーランドメディア『SportoweFakty』によるインタビューに語った。
ブラジル代表MFオスカルや元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルなど、今季もすでに多くのスター選手が中国行きを決めた。バイエルンのエースストライカーとしてゴールを量産しているレバンドフスキにも、誘いの声はかかっていたようだ。
「スター選手たちを中国へ送り込んでいる代理人から連絡を受けた。クラブの名前については言及されなかった」と代理人のツェザリー・クハルスキ氏は話している。
「もしレヴィ(レバンドフスキ)が中国行きを決めたとすれば、サラリーは4000万ユーロ(約49億円)を大きく上回ることになっていた。カルロス・テベスが稼ぐ金額以上ということだ」とクハルスキ氏。さらに、バイエルンに対しては2億ユーロ(約246億円)という移籍金が準備されていたのだという。
ボカ・ジュニオルスから上海申花への移籍が決定したテベスの報酬額は、年俸に換算して48億円程度となり、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシらを上回る世界最高額になると報じられていた。代理人の言葉通りなら、レバンドフスキに提示された金額はそれをさらに上回るものとなる。
だが、バイエルンとの契約を2021年まで残しているレバンドフスキに、中国からの誘いに応じる意志は全くないとのことだ。「今のところロベルトは売りに出されてはいない」と代理人は述べている。だが「絶対というものはない。人生には複数の選択肢があるものだ」とも付け加え、将来に向けてはあらゆる可能性を閉ざしてはいない。

« »

Top