楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

代理人を間違えデンベレ獲得失敗

移籍の話題

狙っていたフランス・レンヌのデンベレ
獲得しようと動いていたが
コンタクトを取っていたのは
前の代理人で現代理人がドルトムントと交渉していた・・・

バイエルン、ドルトの19歳MF獲得間近だった? “致命的なミス”で宿敵に奪われる
フットボールチャンネル

バイエルン・ミュンヘンは、致命的なミスにより19歳のMFウスマン・デンベレを宿敵ボルシア・ドルトムントへ奪われてしまったようだ。6日に独紙『ビルト』が報じている。
今季にドルトムントへ移籍したデンベレは、フランス1部のレンヌで昨年10月にトップチームデビューすると、公式戦29試合に出場。12得点を記録して一躍ブレイクを遂げた。
この活躍に同選手は欧州中のビッグクラブから獲得を狙われたが、近年将来有望な選手を慎重に追っているバイエルンが獲得寸前まで近づいていたという。
バイエルンのテクニカル・ディレクターを務めるミヒャエル・レシュケ氏は、デンベレを今夏に獲得するために同選手の代理人であるバドー・サンベゲ氏と交渉を開始。そして両者は合意にも至ったが、そこでレシュケ氏は交渉する人物を間違っていたことに気付いたという。
実際デンベレは代理人をマルコ・キルデミル氏に代えており、同代理人がその間にドルトムントと交渉をしていたようだ。
これにより、ドルトムントはデンベレを約1500万ユーロ(約17億円)で獲得。そして同選手はすでに今季の公式戦10試合に出場して1得点4アシストを決め、激しいポジション争いを制してチームの主力となって活躍している。
バイエルンは、致命的なミスにより将来有望な選手を宿敵に奪われてしまったようだ。

まさかのミスで交渉失敗? バイエルン、ドルトの19歳MFデンベレを狙っていた
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

バイエルンは、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレの獲得を逃していたようだ。ドイツ紙『スポーツ・ビルト』が報じた内容をアメリカメディア『Bleacher Report』が5日、伝えている。
デンベレはレンヌでプレーしていた昨シーズン、リーグ・アンで26試合12ゴールと目覚ましい活躍を見せ、今夏はドイツの強豪ドルトムントに移籍。新天地でもすでに得点を上げるなど、順調なスタートを切っている。
同メディアによれば、ドルトムントのライバルであるバイエルンも同選手の獲得を狙っていたようだ。交渉が失敗に終わったのは、クラブ側のとあるミスが原因だという。
レンヌでの活躍を受けてデンベレの獲得を狙っていたバイエルンは、ミヒャエル・レシュケTD(テクニカル・ディレクター)が交渉に乗り出した。ところが同氏は、デンベレの代理人を務めるマルコ・キルデミール氏と交渉する代わりに、誤って前の代理人であるバドゥ・サンバゲ氏とコンタクトを取ってしまったという。このミスで遅れをとったバイエルンは、最終的に当時18歳だったヤングスターを優勝を争う直接のライバル、ドルトムントに“献上”してしまったのだ。
デンベレはドルトムント移籍後、ブンデスリーガ6試合に出場し1ゴールを記録。9月にはA代表デビューも果たしている。

« »

Top