楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

シュバインシュタイガー、帰ってこい

移籍の話題

マンチェスター・ユナイテッドのシュバインシュタイガー
やはりバイエルンが似合う
プレミアでは怪我もありファンハールもあれだっただめ活躍できず
モウリーニョからは出ていけと、そんなところに居る必要はなし
ラームも歓迎、ルンメニゲも話したいという
帰ってこいシュバインシュタイガー

シュバイニーがバイエルン復帰か…クラブ会長や主将も歓迎「意思を確認したい」
ゲキサカ[講談社]

マンチェスター・ユナイテッドからの移籍が決定的となっているMFバスティアン・シュバインシュタイガーの新天地がバイエルンになるのではないかと言われている。
1日に32歳になったシュバインシュタイガーだが、同日にロッカールームの自分の棚の整理をしたと報道されている。ジョゼ・モウリーニョ監督の構想には入っておらず、現在は移籍先を探している状況だ。
そこで有力候補に浮上しているのが、古巣のバイエルンだ。バイエルンは昨年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍するまで、プロキャリアのすべてを過ごしたクラブ。マンUとの契約を残しているが、『ビルト』によると、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「彼がバイエルンに戻りたいかどうかの意思を確認したい。きちんとこの件について話し合うつもりだ」と、いつでも扉が開いていることを強調した。
またバイエルンの主将であるDFフィリップ・ラームも歓迎の意思を示している。「このクラブにふさわしい選手を集めるのが大切だ」と語ると、「バスティはここのことならなんでもわかっている。またこのチームでプレーすることになるんじゃないかな」と希望を語った。

シュバインシュタイガーへの扉を閉ざさないバイエルン 「彼が望むなら…」
(Goal)から

マンチェスター・ユナイテッドを退団する可能性が高まっているMFバスティアン・シュバインシュタイガーは、バイエルン・ミュンヘンに復帰するかもしれない。カール=ハインツ・ルンメニゲCEOが語っている。
シュバインシュタイガーはユナイテッドでジョゼ・モウリーニョ監督の構想外になっているものとみられており、放出に向かっているようだ。
ルンメニゲCEOは、選手が希望するのであれば、扉を閉ざすつもりはないという。ドイツ『シュポルト・ビルト』で次のように語った。
「復帰したいと彼が望むのであれば、我々は彼と話す準備がある」
ただし、ルンメニゲCEOはシュバインシュタイガーが所属クラブを見つけるのに苦労することはないと主張しており、いずれにしても引退するときがくればバイエルンにポストがあるとも述べた。
また、DFフィリップ・ラームもシュバインシュタイガーの復帰を歓迎するつもりだ。
「バスティはここの全員、ここのすべてを知っている。彼はこのチームで働く運命だ」
8月1日に32歳の誕生日を迎えたシュバインシュタイガー。ドイツに戻ることになるのだろうか。

シュバイニー、古巣バイエルンへ復帰か。CEOと主将ラームが歓迎のコメント
フットボールチャンネル

先日ドイツ代表からの引退を表明したマンチェスター・ユナイテッドのバスティアン・シュバインシュタイガーが古巣へ復帰する可能性が浮上しているようだ。2日付の英紙『デイリー・ミラー』が報じている。
ユナイテッド指揮官のジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏に9名の選手を放出すると報じられた。その選手の1人が、昨季に加入したシュバインシュタイガーとみられている。
前日に32歳を迎えたばかりのシュバインシュタイガーは、怪我のせいで昨季のプレミアリーグには18試合にしか出場できず、期待外れのパフォーマンスしかできなかった。その上週休20万ポンド(約2700万円)という年棒の高さから、クラブは移籍金を下げてでも今夏に同選手を売却したいと考えているようだ。
そこで、古巣バイエルン・ミュンヘンがシュバインシュタイガーの復帰を考えている。バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、「もし彼がここへ戻りたいと望めば、我々は彼と話をする準備ができている」と可能性についてドイツ紙『ビルト』で明かした。
さらにキャプテンのフィリップ・ラームも「それだけの価値がある選手だと考慮されていることは大事なことさ。彼のような人間なら、何でも、そして誰をも知っているこのクラブでプレーする宿命にあるんだよ」とシュバインシュタイガーの復帰を歓迎している。
1998年にバイエルンのユースチームへ加入し、トップチームで過ごした13シーズンで342試合に出場し、45得点と69アシストを決めたシュバインシュタイガー。果たして古巣への帰還が実現するのか、その去就に注目が集まりそうだ。

「ロッカールームを片付けろ!」 モウリーニョがシュバイニーにファン・ハールさながらの非情勧告
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表主将MFバスティン・シュバインシュタイガーが、ジョゼ・モウリーニョ新監督に、ロッカールームを片付け、リザーブチームに参加するように指令される“パワハラ”を受けたという。英紙「デイリー・メール」が報じている。
シュバイニーは昨夏にバイエルン・ミュンヘンからユナイテッドに1500万ポンド(約20億7000万円)で移籍。序盤戦は主力として出場機会を確保していたが、度重なる負傷の影響で、最終的には満足のいくシーズンを送るに至らなかった。今季ユナイテッドに就任したモウリーニョ監督はすでに構想外の選手と個人面談を持ち、シュバイニーにも無情な現実を通告。ベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイとともに放出候補の筆頭としているとも報じられていた。
そして、記事によると、モウリーニョ監督はシュバイニーに対し問答無用に「ロッカールームを片付けるんだ」と命令。移籍するまでにリザーブチームでプレーするよう指示したという。

モウに戦力外通告を受けた冷遇シュバイニーに救いの手 古巣バイエルンが復帰オファー示唆
SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

ジョゼ・モウリーニョ政権下で戦力外となり、ロッカールーム追放の仕打ちまで受けたマンチェスター・ユナイテッドのドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーには古巣バイエルン・ミュンヘンが救いの手を差し伸べようとしている。独誌「シュポルト・ビルト」はバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOと同僚DFフィリップ・ラームのコメントを伝え、シュバイニーの1年ぶりの電撃復帰の可能性を報じている。
シュバインシュタイガーは昨夏に下部組織から一筋を貫いていたバイエルンを離れ、ユナイテッドに移籍した。しかし、恩師ルイス・ファン・ハール前監督の退任によってその立場は一気に悪化した。モウリーニョ新監督の下では戦力外となり、リザームチーム行きを命じられた。指揮官はシュバインシュタイガーの32歳の誕生日である8月1日に個人面談を行った際、問答無用で「ロッカールームを片付けるんだ」と非情通告を行ったと英メディアはレポートしている。
昨季途中には元スペイン代表GKビクトール・バルデス(ミドルズブラ)がファン・ハール前監督からリザーブチーム行きを命じられると、そのまま信頼を取り戻すことなく放出された。2季連続で実績十分のベテランがユナイテッドでパワハラ紛いの仕打ちを受けることになった。
苦境に立たされたドイツ代表の前主将に救いの手を差し伸べたのはやはり古巣バイエルンだった。ルンメニゲCEOは「どこかで彼とは復帰の希望について話さなければならない。彼と話し合うことになるだろう」とシュバインシュタイガー復帰を示唆している。
1歳年上で、代表とクラブの両方で苦楽をともにしてきたバイエルンの元ドイツ代表主将DFフィリップ・ラームも「選手にとってクラブと強く結び付いていることは大切なこと。バスティはみんなのことも、ここにある全てのこともよく知っている。彼がこのチームでプレーするのは運命だ」と盟友との再会を心待ちにしている。
屈辱の戦力外を味わったシュバイニーは、下部組織時代から17年間プレーした心のクラブへ出戻り移籍を果たすことになるのだろうか。

« »

Top