楽しい楽しいバイエルン・ミュンヘン

アンチェロッティ、ヴァランが欲しい

移籍の話題

アンチェロッティ、いろいろ欲しいが
レアル時代の師弟コンビのヴァランが欲しい

レアルの23歳大型DF、恩師の誘いでバイエルンに移籍?
フットボールチャンネル

レアル・マドリーのラファエル・ヴァランはバイエルン・ミュンヘンの恩師から誘いを受けているようだ。29日、スペイン紙『アス』が報じている。
今季マドリーで公式戦33試合に出場し先発として定着したヴァランだが、バイエルン・ミュンヘンの新監督カルロ・アンチェロッティ氏が同選手の獲得を求めているようだ。アンチェロッティ監督とヴァランはマドリー時代に師弟関係にあったことから新プロジェクトに必要な人材と熱望されている。
現在、ヴァランは負傷離脱中でEURO2016には参戦していない。同選手とマドリーの契約は2020年まで残っているが、果たして移籍は実現するのだろうか。

バイエルンがヴァラン獲得へ動く…元レアルのアンチェロッティ監督が希望
サッカーキング | 世界のサッカーを極めよう!から

レアル・マドリードに所属するフランス人DFラファエル・ヴァランがバイエルンに移籍する可能性が浮上した。フランス紙『Le Parisien』の報道を、スペイン紙『アス』が29日に引用して伝えている。

報道によると、バイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督がヴァランの獲得を今夏の移籍市場における優先課題に挙げている。同監督は2013-14シーズンから2年間に渡ってレアル・マドリードを指揮し、ヴァランを指導。同選手に信頼を寄せ、ヨーロッパ有数のセンターバックとして高く評価していることから、獲得を希望しているようだ。

ただ、アンチェロッティ監督と同様に、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督もヴァランの能力を高く評価。同選手の放出を拒む姿勢を見せており、交渉は一筋縄ではいかないと報じられている。

« »

Top